公式サイトを見る

東京都板橋区・練馬区、埼玉県和光市・朝霞市・川越市で、賃貸管理や不動産物件を探しているということであれば、長太郎不動産を訪ねてみるのがおすすめです。昭和42年に創業してからというものの、地域に密着して営業を続けており、地域での認知度も高いのが魅力となっています。取り扱い物件も多く、長年のノウハウもあります。平成29年には創業50周年を迎えましたが、翌30年には大山駅北口店を新規オープンさせて総店舗数は13店舗となりました。 所有する賃貸物件を不動産会社に任せるには、空き部屋リスクを少しでも減らしてくれるような管理が必要です。長太郎不動産はグループ企業全体で物件を管理していく強みがあるのです。

所在地 東京都板橋区成増3-23-5
電話番号 03-3930-0002
FAX番号 03-3979-0221
免許番号 国土交通大臣免許(11)第2668号・東京都指定法人指定番号96-6-016番・埼玉県指定法人指定番号第9-10番・賃貸住宅管理業国土交通大臣免許(1)第2341号

長太郎不動産(板橋区)のメリット

長太郎不動産は昭和48年に創業、東京都板橋区を中心に不動産事業を行ってきました。現在においても地域密着をモットーに、東京都板橋区・練馬区、埼玉県和光市・朝霞市・川越市を営業エリアとして活動しています。店舗は現在13店舗となっていますが、本店を含めてすべてが駅前に立地しており、駅を利用する人の目に留まりやすく認知度が高いといった魅力があるのです。社名を知らない人でも、駅から出た時に目に入る巨大看板には、会社マスコットキャラクターの長太郎くんが大きな存在感を示しており、あのマスコットキャラクターは見覚えがあるという人も少なくないでしょう。不動産業務だけでなく、グループ会社では住宅建築・リフォーム・メンテナンス・保険も取り扱っており、住まいに関するサービスが充実しています。
長太郎不動産は、店舗すべてが駅前にある立地といった好アクセスではありますが、自宅でゆっくり不動産探しをしたいという人には、長太郎不動産が管理する賃貸物件検索サイトがあります。常時新着物件が掲載されており、新しく物件が入るとメールで知らせてくれるサービスもあり便利です。
検索方法も、新築物件・始発駅限定物件・敷金礼金ゼロ物件・人気小学校区物件などいろいろな条件から探すことが出来ます。アパートやマンションだけでなく、事務所や店舗を探すことも可能となっています。ゆっくり探して、気になる物件についてメールで問い合わせることも出来るので、いくつか候補をみつけてから店舗を訪れることもおすすめです。

長太郎不動産(板橋区)の企業情報・売上

長太郎不動産の取り扱い不動産物件数は、東武東上線と都営三田線を中心にワンルームからファミリータイプ・アパートからマンションや一戸建といった幅広い賃貸物件を約30000室扱っています。
空き室が出た場合はすぐにインターネットなどを使って入居者を募集し、オーナーの空き部屋リスクを減らしています。原状回復なども自社グループで行うために、スピーディーに空き室状況の掲載ができるメリットがあるのです。
昭和48年に550万円が資本金としてスタートしましたが、順調に売り上げを伸ばして昭和59年には2000万円・昭和63年には3200万円と増資し、平成に入ってからも7年には5000万円・16年には8100万円へ増資して順調に成長しています。
事業内容も、不動産賃貸事業を始め賃貸管理事業・資産活用事業・不動産売買事業・建築事業・メンテナンス事業・保険事業と多岐に渡っています。

長太郎不動産(板橋区)のポイント

POINT.1
長太郎不動産は賃貸管理だけが強いわけではありません。新築の一戸建てや中古一戸建て、土地やマンションの仲介も行っているのです。ときには物件を自社で買い取ることも行われています。もちろん希望の物件が見つかるまで、予算・希望地域・間取・設備等を聞いたうえで、最適な物件を紹介してくれることが魅力です。
POINT.2
土地があるから税金対策のために賃貸経営を考える人も多くなっています。長太郎不動産では、資産を活用できるよう工期を短くして建築費を抑えられるような提案をしてくれます。最近では木造建築でも耐震性や耐久性があって、広い間取りを確保できるような建築工法が出てきました。こうした工法を提案してくれることで、長期にわたって安定収入を確保しやすく、安全に資産運営できるといったメリットが生まれます。
POINT.3
賃貸物件で不安になるのは空き部屋リスクだけでなく、入居後のクレーム対応・退去時の敷金精算・原状回復にかかるリフォームはオーナーにとって頭の痛い材料です。こうした不安材料を、長太郎不動産であればグループ企業を介して一括で管理業務を任せることができます。
賃貸物件というとアパートやマンションを思い浮かべる人も多いようですが、コインパーキングも資産活用物件のひとつです。長太郎不動産では土地を定額で借り上げし、プランニングから設計施工・維持管理・保守業務までをトータルにサポートしてもらえるのです。他にもロードサイド型・コンビニエンスストア・ファミリーレストラン・工場・倉庫・老人ホームなど様々な資産活用の相談にも乗ってもらえます。

賃貸管理会社コスパを比較してみた!