公式サイトを見る

東邦ハウジングは、大田区に本社を持つ不動産会社です。 創業は2009年とまだ若い企業ですが、国際的なファイナンシャルプランナー資格であるCFPを取得した講師によるマナーライフプランニングセミナーを定期開催するなど、不動産投資を考えている人に対する価値提供を前面に打ち出しています。 取り扱い物件の主力はマンションです。物件エリアは東京23区が中心で、最寄駅から徒歩10分前後の「徒歩通勤可能な物件」を数多く取り扱っています。 また、マンション経営を行う上で懸念されるのが 「入居者募集や物件のメンテナンス、トラブル対応といった一連の業務を自分が出来るのか?」 という点だと思いますが、東邦ハウジングではマンション運用・管理業務のサポート体制も準備されています。 東邦ハウジングでは「賃貸管理システム」というマンション管理に必要な全ての業務を代行するシステムを設定しており、「賃貸管理システム」を契約することでマンションオーナーは毎月の入金確認以外、マンションの運用・管理業務一切から解放されます。 東邦ハウジングの特徴を一言でまとめると、 ・マンションオーナーが資産運用に集中出来るサポート体制を持つ不動産会社 と言うことが出来ます。

所在地 東京都大田区南蒲田2-4-14
電話番号 03-3739-6171
FAX番号 03-3739-8806
免許番号 国土交通大臣(6)第5248号

東邦ハウジング(大田区)のメリット

東邦ハウジングは、マンションオーナーが資産運用に集中出来る環境を作るため、「賃貸管理システム」というマンション運用を東邦ハウジングに委託するシステムを設定しています。 「賃貸管理システム」を契約することでマンションオーナーが得られるメリットを2つお伝えします。 メリット1:家賃保証システム 「入居者がいないと、その間は収入が無くなるんだよね…」 不動産を運用する上で、誰もが気になるポイントだと思います。 しかし、東邦ハウジングではお部屋が空室であっても毎月定額の家賃を東邦ハウジングが保証するという「家賃保証システム」を設定しています。 入居状況を気にせず、安定した収入を得られるというのは大きなメリットと言えるでしょう。 メリット2:集金代行システム 入居時から退去時まで、一連の工程で発生するお金の問題を全て東邦ハウジングが代行処理する「集金代行システム」も設定されています。 オーナーが物件に行く必要は基本なくなります。また、万一トラブルが発生した際にも入居者と直接交渉する必要はありません。 「賃貸管理システム」契約による一貫した管理体制 ・入居者探しから、退去に伴う費用清算や修繕に至るまで、マンション経営に必要な全ての業務を東邦ハウジングが代行します。 ・入居中に発生しがちな水漏れや鍵の紛失といったトラブルも、全て東邦ハウジングが入居者の窓口となって対応します。 「賃貸管理システム」を契約することで、入居者のフォローは全て東邦ハウジングに任せることが出来ます。 マンションオーナーは資産運用だけに集中出来るのは嬉しいポイントと言えるでしょう。 最大5%の手数料を東邦ハウジングに支払うことで、上記のメリットを得ることが出来ます。

東邦ハウジング(大田区)の企業情報・売上

社名:株式会社東邦ハウジング社名:株式会社東邦ハウジング

 

【本社】
〒101-0044東京都大田区鍛冶町2-6-2 上野ビルディング8階
お客様相談室:0120-260-345
TEL:03-6206-0345
FAX:03-6206-0346

 

【横浜支店】
〒231-0027神奈川県横浜市中区扇町3-8-4
TEL:045-227-7730
FAX:045-227-7731

 

設立 2009年(平成21年)6月26日
代表者 小島貴寿
資本金 9,000万円
資本構成 株式会社東邦ハウジングホールディングス 100%出資

 

【直近3期の売上高推移】

 

平成28年度:9,274百万円
平成27年度:7,312百万円
平成26年度:4,528百万円

 

※上記売上高は東邦ハウジングホールディングス連結の売上高です。

東邦ハウジング(大田区)のポイント

POINT.1
東京23区を中心に、徒歩通勤可能なマンション物件を多数取り扱っている。
POINT.2
「賃貸管理システム」の契約により、全ての管理業務を東邦ハウジングに委託できる。
POINT.3
CFP取得講師による定期的なセミナー開催など、オーナーへの価値提供に積極的な会社である。

賃貸管理会社コスパを比較してみた!