公式サイトを見る

明和管理(葛飾区)は昭和58年創業で、東京・千葉・埼玉エリアを中心に、不動産の賃貸・売買・管理業務を全般的に取り扱っている不動産会社です。 本社所在地は東京都葛飾区立石、東京営業部の所在地は東京都港区虎ノ門です。本社では、一般的な不動産業務に加え、借地権の管理を得意としています。具体的には借地権の更新、建て替え、地主との交渉などのサポート業務です。平成14年に設立された東京営業部は、投資用マンションの取り扱いを手がけており、明和管理の大きな特徴の一つとなっています。 同一の社名の大手企業関連会社がありますが、一切関係ありません。

所在地 〒124-0012東京都葛飾区立石4-33-3
電話番号 03-3696-6362
FAX番号 03-3695-4556
免許番号 東京都知事(4)第75868号

明和管理(葛飾区)のメリット

最大のメリットは、投資用ワンルームマンションの取り扱いに強い会社であることが挙げられます。
投資用ワンルームマンションの売買取引を行うには、賃貸・法律・税金等、幅広い知識とノウハウに精通している必要があります。明和管理東京営業部では、「ワンルーム職人」と呼ばれるベテラン営業担当者が、売買から管理に至るまで、ワンルームマンションの経営を強力にバックアップします。
投資用ワンルームマンション購入の際、注意しなければならないポイントがいくつかあります。
まず利回りについて、想定利回りはあくまで目安であり、実際の経営には、賃料が維持できるかどうか、空室率を低く保てるかどうかが関係してきますので、それも含めて考慮する必要があります。
次に資産価値について、明和管理では、公示地価のような客観的な数値を拠り所にした判断を勧めています。
物件の権利については、借地権の物件は取得にかかる金額が安いというメリットがありますが、何らかの事情によって建物の使用が難しくなった場合を想定した時には、所有権のほうが土地の売却・換金が可能ですので、どちらを選択するかは慎重に検討する必要があります。
さらにこれらの条件を考慮した上で、物件そのものに経営に資するほどの十分な賃貸需要があるかどうかという問題もあります。
明和管理の「ワンルーム職人」なら、これらのポイントをクリアでき、収益が見込める物件を選ぶためのサポートが可能なのです。

明和管理(葛飾区)の企業情報・売上

明和管理は、昭和58年6月に設立されました。本社所在地は東京都葛飾区で、最寄駅の京成押上線 京成立石駅から徒歩4分の場所にあります。
夜7時まで営業しており、会社帰りに立ち寄りやすくなっています。
資本金1千万円、年商約2億円、社員数は5名です。
本社の主要業務は、葛飾区城東地区における土地建物の売買、仲介アパートマンションの賃貸管理、借地権管理です。東京営業部では、主に都心部における投資用マンションの売買、仲介、販売後のマンションの賃貸経営管理を行っています。
公益社団法人 東京都宅地建物取引業協会、公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会、一般社団法人 全国賃貸不動産管理業協会所属です。

明和管理(葛飾区)のポイント

POINT.1
本社は昭和58年設立で、不動産にまつわる業務全般を行っています。借地権の管理を得意とし、豊富な知識とノウハウでトラブルを解決に導きます。
POINT.2
東京営業部では、投資用ワンルームマンションの売買・管理・経営サポートを得意としています。「ワンルーム職人」と呼ばれる、投資用ワンルームマンションに精通した担当者が、購入から管理まで一貫したサービスを提供することで、物件オーナーの収益を最大化できることが特徴です。
POINT.3
作業にかかる手間は賃料によって大差ないとの見解から、賃貸物件の管理手数料が賃料に関わらず一律です。

賃貸管理会社コスパを比較してみた!