公式サイトを見る

明和住販流通センターは東京都世田谷エリアを中心に、賃貸物件を提供している不動産会社です。創業から30年を迎え、現在の管理物件総戸数はすでに1万戸を超えています。世田谷・目黒エリアを中心に賃貸管理を行っている、明和住販流通センターの企業情報や特徴について紹介します。

所在地 〒154-0023 東京都世田谷区若林3-4-11
電話番号 03-5430-5100
FAX番号 03-5430-5101
免許番号 宅地建物取引業 東京都知事(6)第70931号 賃貸住宅管理業 国土交通大臣(2)第1106号

さまざまな不動産に関する資格取得者がいる

宅地建物取引士の取得は当然ですが、明和住販流通センターには他にもさまざまな不動産に関する資格取得者がいるので、不動産に関することであれば、どんな相談でも的確なアドバイスが可能な点は、大きなメリットといえます。
従業員の少ない小さな不動産会社の場合、ここまでの資格取得というのは難しくなってしまいますので、従業員が多いとさまざまな知識や技術の幅という点では差が出てしまいます

さまざまな生活サポート用品が用意されている

明和住販流通センターの管理する物件には、さまざまな生活サポート用品が用意されています。
アクト安心ライフ24は、24時間365日体制のトラブルサポートが受けられます。
日常生活において、管理会社やオーナーと連絡がつかない場合の緊急性の高いトラブルなどにすぐに駆けつけてくれ、サポートが受けられるのです。
また、防災用のグッズであるSAT119や天ぷら火災消火パックも取り扱っていますし、室内のニオイ対策として、除菌型消臭剤が用意されています。

明和住販流通センターの企業情報

株式会社明和住販流通センターは、1987年3月24日に設立された不動産会社です。
本社は東京都世田谷区若林3-4-11ですが、現在は本社ビルの建て替え工事を行っているため、仮事務所となっています。
仮事務所の住所は、東京都世田谷区若林1-19-6スリーアップ1ビル4階になります。
資本金は4950万円で、2017年11月の時点で従業員はパートを含め56名となっています。

明和住販流通センターの事業内容

事業内容は賃貸物件管理事業、賃貸仲介事業、売買仲介事業が中心となりますが、他にも、相続コンサルティングやマンスリーに関する事業も行っています。
また、損害保険代理業も行っており、不動産に関する損害保険も取り扱っています。
従業員には各資格取得者も多く、宅地建物取引士が27名、マンション管理士が1名、賃貸不動産経営管理士が16名、ファイナンシャルプランナーの2級が4名、3級が1名、あげればきりがありませんが、これ以外にもさまざまな不動産に関する資格取得者が在籍しています。
明和住販流通センターは、東京23区を中心に投資型分譲マンションの企画及び開発を行う株式会社明和のグループ企業の一員です。
グループ企業は他に、投資型分譲マンションの販売を行う株式会社GRANDCITYと株式会社PRESTIGE、株式会社GENESIS、関東エリアの分譲マンションの賃貸、売買の仲介を行う株式会社明和管財、関東エリアでの集合住宅の共有部の管理や組合の運営を行う株式会社快適空間、ビルの設計から建築を行う株式会社明和建設、中央線エリアの賃貸や売買の仲介を行う株式会社国際都市、賃貸の保証業務を行う株式会社GRANDINSURANSEがあります。
創業当時は渋谷区代々木に本社を構え、社員2名で分譲マンションの賃貸管理や仲介業務を行っていました。
1992年には本社を移転し、駒沢公園店をオープンしました。
1999年には三軒茶屋支店をオープン、2003年には駒沢大学駅前支店をオープンしています。
2004年には自由が丘支店を、2010年には本社ビルを購入しています。このように順調に店舗を増やし、事業エリアも拡大してきています。
事業内容も分譲マンションの管理が中心だったのですが、現在ではマンスリー事業や相続のコンサルタント業務まで及んでいます。
管理物件に関しては、創業当時から右肩上がりに戸数を伸ばし、2003年には5000戸を超え、2017年には1万戸を超えています。

明和住販流通センター(世田谷区)のポイント

POINT.1
明和住販流通センターは世田谷・目黒を中心に、首都圏の全域における賃貸物件の管理に精通している不動産会社になります。
売買の仲介も行っていますが、賃貸の仲介やその物件の管理が中心となります。そのため賃貸物件のオーナーや賃貸物件を借りたい人、それに加えて、現在入居中のお客様に対してのさまざまなサポートがあるという点もポイントになります。
POINT.2
明和住販流通センターは単なる仲介や管理にとどまらず、過去の経験や実績をもとにお客様に対して、さまざまなアドバイスを送っています。
コンサルティング業務を行っていることと、会社にさまざまな有資格者がいるので、さまざまな視点からその物件を分析することができ、的確なアドバイスが可能なのです。
POINT.3
賃貸管理委託契約を結んでいるオーナーに対し、より良いサービスを提供するため、明和住販流通センターでは無料サイトを用意しています。
「明和オーナー倶楽部」というサイトなのですが、ここではさまざまな情報を照会することができるのです。
通常、問い合わせを行う場合は、管理会社の営業時間内でなければ連絡がつきません。しかし、こうした情報をインターネット上で閲覧可能にすることで、時間外であってもさまざまな情報を確認することができるようになっています。
特に便利なのが、確定申告の時です。年間の賃料収入や修繕費用などが一目瞭然となるのです。書類の保存も廃棄も考える必要がなく、必要時に必要な情報を見ることができます。

賃貸管理会社コスパを比較してみた!