公式サイトを見る

東京や首都圏でマンション経営を行いたい方をサポートしている会社が、明光トレーディングです。平成2年から資産形成型・居住用のマンションの提供を行っており、実績を重ねてきました。現在は順調に成長を続け、資本金は1億円に達しています。サポートが充実しているので、東京や首都圏でマンション経営のパートナーを探している方は、確認しておきましょう。

所在地 東京都渋谷区恵比寿4-17-3カゲオカビルディング3F
電話番号 03-3440-7201(代表)
FAX番号 03-3440-7202
免許番号 宅地建物取引業東京都知事(7)第60227号 賃貸住宅管理業国土交通大臣(2)第439号 不動産投資顧問業一般-第1286号

明光トレーディングのメリット

創業以来約30年にわたってマンションオーナーの資産形成をサポートしてきたのが、明光トレーディングです。マンション経営にあたって戦略的に計画を考え、利益を確保できるようにサポートすると言う方針のもとで、多くの方に選ばれてきました。長年にわたって信頼を築いてきた会社で、支持を集めてきた理由としては独自の強い「こだわり」があります。
まず、明光トレーディングはマンションの立地について、都心部や首都圏の人気エリアに的を絞っているのがこだわりの一つです。人気の高いブランドエリアをはじめ、好立地を選択することで高い入居率を確保しています。マンション経営では入居者が現れないと厳しいですが、この点をしっかりとクリアするための取り組みがあるわけです。
マンション物件については、良質なものにこだわって提案しています。新築から築浅、中古まで多彩かつ高品質なマンションを揃えています。自社物件ですので仲介手数料が掛からないのも魅力的です。
好立地で良質な物件を購入したとして、マンション経営では賃貸管理は気になる部分でしょう。賃貸人に求められる事柄は幅広く、賃借人探しから家賃の集金、家屋の補修などをこなす必要があります。これらをオーナーが一人でこなすのは骨折りですが、明光トレーディングは管理サポート体制が整っているのが大きなメリット。もしも賃借人が見つからなかったり、賃料が低下し続けてしまった場合を想定した保障も用意されているのも安心感があります。
明光トレーディングは賃貸管理において、賃借人の確保を最重要のテーマと位置づけて、注力してきました。この結果、実質入居稼働率は98%を達成しています。入居者が見つかりやすいと言うことは、マンション経営においてとても大切なことです。経営の初期段階から、しっかりと賃料を獲得しやすいため、大きなメリットとなります。

明光トレーディングの企業情報・売上

平成2年に前身会社となる彩和通商を設立し、同年に宅地建物取引業などの免許を取得しています。免許取得以降は中古マンションの提供を主な業務としました。平成4年には商号を改め、明光トレーディングとして再出発。平成7年には業務拡大に伴って、本社を現在の所在地である渋谷区恵比寿に移転しました。早期の段階から順調な成長を遂げてきたことが窺えます。
業務内容は成長に伴って多様化しており、中古マンションに加えて新築の分譲も開始しました。不動産賃貸事業や不動産リセール事業も本格的に行っており、積極的な経営スタイルとなっています。
平成29年度の売上は65億円で、同年度に資本金を1億円に増資しました。

明光トレーディングのポイント

POINT.1
充実した賃貸管理サポートを用意しているのは、明光トレーディングの特徴の一つです。不動産経営においては賃借人の確保の他にも、建物の経年劣化への対応も欠かせません。この点で明光トレーディングは、リフォームや住宅設備機器交換をはじめ、多彩な面に対応があります。建物の修復はオーナーの務めですが、これを手助けしてくれるのは大きな強みです。
POINT.2
売却サポートを行っているのもポイントです。マンション投資における物件売却は経営戦略上、とても大切な要素となります。賃料で収益を重ねたとしても、最後に上手にマンションを売却できるか否かで、投資の成功は大きく左右されかねません。また、急に現金が必要になった場合にも、早期に売却できるサポートが有るのは心強いです。明光トレーディングは売却支援として、不動産ポータルサイトや指定流通機構の活用の他、自社の販売ネットワーク持っているのが強みとなります。購入希望者へのサポートも手厚いため、これも買い手の探しやすさに繋がるポイントです。
POINT.3
近年はITテクノロジーを使いこなして、多彩な情報提供を行っているのも特徴でしょう。賃貸物件情報サイトでは物件を360°見渡せる「バーチャル内見」を用意しており、賃借人に高品質な情報を提供しています。自社で手がけている「マンション経営online」と言うサイトでは、経営ノウハウなどの情報を豊富に公開しており、こちらはオーナーや経営希望者に有益です。税金についてもわかりやすく解説されている他、再開発関連などの耳寄りな情報が多数となっています。

賃貸管理会社コスパを比較してみた!