公式サイトを見る

日本宅建(大田区)では、通常不動産会社が行う空き家・貸家・賃貸マンション・アパート等への入居者の斡旋に加えて、リフォームやメンテナンス等の賃貸管理に関する業務一般を行っています。 また、相続で受け継いだ不動産に関するお悩み、競売不動産の取得サポートのコンサルティング等、不動産の豊富な知識を生かした幅広いサービスを提供しています。

所在地 東京都大田区上池台2-33-4 セザール第2洗足池公園1階
電話番号 03-3748-1187
FAX番号 03-3748-3591
免許番号 東京都知事免許(5)第72165号

日本宅建(大田区)のメリット

日本宅建(大田区)では、賃貸アパート・マンションの「24時間管理」・「修理」・「リフォーム」・「クリーニング」の業務や退去後の敷金精算業務をワンストップで行うことで、物件オーナーに大きなメリットを提供しています。
第一に、リフォーム業務やメンテナンス業務を日本宅建にて一貫して行うことで、他の業者に外注する必要がなくなるため、入居者退去後のリフォーム等にかかる費用が下がります。
第二に、管理業務やリフォーム業務を日本宅建が一手に引き受けることにより、物件オーナーの手を煩わせる必要がなくなり、メンテナンスの手間が減ることによって、オーナーが時間を有効に使えるようになります。
その結果、物件オーナーに収益増加という大きなメリットを提供することが可能になります。
また、競売不動産の取得を考えている顧客に、現地調査および入札代行、融資サポートやリフォーム等、不動産に精通したスタッフならではの安心のサービスを提供することが可能です。
競売不動産は安価ゆえ「宝の山」と言われますが、そこには理由があります。
権利関係が複雑であったり、所有者の協力が得られないため内見をすることができず、それゆえ落札するまで詳しい不動産内部の状態が分からず落札後になって修繕費用が発生したりします。マンションの場合だと、前の持ち主が管理費・積立金を滞納していた場合、それを落札者が負担することになったりもします。
このように、事前の下調べをしっかりしないと結果的に高い買い物になってしまう可能性が大いにあるのですが、競売不動産の取引はすべて顧客自身の責任で行うことになります。
自身で裁判所の資料を確認したり、現地調査をしたり(内見は不可)、法務局で謄本を調べたり…その際に不動産に精通した人間のサポートは不可欠なものとなるのです。
日本宅建では、落札した競売不動産の引渡しが終了するまで責任をもってサポートを行っています。また、落札した競売不動産を賃貸に出す場合の管理業務、入居者斡旋業務等のサービスも提供しています。
競売不動産の調査から取得後のアフターフォローまで、手厚いサポートを受けられる、他の不動産会社にはないメリットがあるのです。

日本宅建(大田区)の企業情報・売上

日本宅建(大田区)は、最寄駅の東急池上線洗足池駅前から商店街の中を2分ほどゆっくり歩いた場所に立地しています。近くに、勝海舟ゆかりの地で、桜の名所でも有名な「洗足池公園」があります。現在の資本金は10,000,000円、従業員数は3人で、昭和45年に設立されました。
物件取扱エリアは東京都内で、主に不動産仲介、賃貸マンション・アパート等の斡旋・管理、不動産コンサルティング(借地権の取引等)、競売・任意売却不動産のサポート等のサービスを提供し、付随するリフォーム業務やメンテナンス業務も行っています。
公益社団法人 不動産保証協会、一般社団法人 不動産競売流通協会、東京都不動産コンサルティング協会の会員です。
代表は不動産業に携わって30年以上のベテランで、不動産の売買取引に関する経験が豊富です。大手不動産仲介会社にて一般流通物件(マンション、土地建物等)の仲介・借地権の仲介等を専門に行い、取引にまつわるさまざまなトラブルを解決してきた経験を持っています。

日本宅建(大田区)のポイント

POINT.1
日本宅建(大田区)では、通常の不動産会社が行うアパート・マンション等の入居者斡旋はもちろん、賃貸管理業務や競売不動産取得に関する各種サポート、不動産コンサルティング等、代表をはじめとした業界経験豊富なスタッフによる幅広いサービスを展開しています。
POINT.2
不動産のプロならではの対応力で、競売不動産の取得に関する情報提供、競売不動産物件の入札のためのサポート、取得後の管理や入居者斡旋等、他の追随を許さない、安心かつ満足度の高いサービスを行っています(競売不動産の現地調査および入札代行する場合は日本宅建との間でサポート契約を締結することになります。詳細は日本宅建への問い合わせが必要です)。
POINT.3
賃貸管理業務を得意とし、24時間管理及びメンテナンス・退去後のリフォームやクリーニングも一貫して行うことで、物件オーナーの手間を省き、業者に依頼する費用を抑えることで、収益増加のメリットを提供します(24時間管理を行う場合は、日本宅建と管理委託契約を締結することになります。詳細は日本宅建への問い合わせが必要です)。

賃貸管理会社コスパを比較してみた!