安西建物
公式サイトを見る

株式会社安西建物は、東京中央区、人形町に本社を構え、不動産の売買・仲介・賃貸管理、建築・設計・施工などを行っている会社です。特に建築では、狭小地に効率的な間取りで広い空間を確保する、いわゆる「狭小住宅」や、おしゃれな外観・間取りでありながら使い勝手のよい「デザイナー住宅」を得意としています。

所在地 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-6-4 日本橋桂ビル3階
電話番号 03-3669-8331
FAX番号 03-3669-8340
免許番号 東京都知事(6)第63847号

安西建物のメリット

株式会社安西建物は、東京都中央区の人形町にある不動産業者です。平成5年(1993年)より東京都に宅建業者としての届け出をしていますが、創業は平成3年(1991年)です。創業約四半世紀の比較的歴史ある会社です。主な取り扱い物件は、賃貸管理物件としてアパート・マンション・事務所・店舗などが、売買物件としては、新築一戸建て、中古マンション・一戸建て、売土地、投資用マンションなどがあります。この会社は賃貸物件だけでなく、自ら設計・デザインした住宅を施工、販売もしており、狭小地に間取りなどを工夫し、広い空間を確保する、いわゆる「狭小住宅」や外観や内装にデザイナーが携わり、「おしゃれ」なのに「住みやすい」デザイナー住宅を得意としています。また建物検査・保証機関の「日本住宅保証検査機構(JIO)」に手掛けた住宅の全てを登録するなど、建物の安全性についてもこだわっています。

安西建物の企業情報・売上

株式会社安西建物は平成3年(1991年)に資本金1000万で創業し、宅建業者としては平成5年(1993年)に東京都に登録をしています。創業から25年以上中央区にて営業を続けてきました。店舗は本店1店舗のみで、中央区日本橋の人形町にあり、東京メトロ日比谷線「人形町駅」A2出口より徒歩1分、都営浅草線「人形町駅」A5出口より徒歩2分、東京メトロ半蔵門線「水天宮駅」より徒歩2分と、非常に交通の便が良い場所にあります。一都三県の物件を取り扱っているとホームページにはありましたが、現在登録されている不動産物件はありません(2018年10月)。賃貸・管理物件としてマンションやアパート、事務所や店舗を取り扱い、売買物件としては新築一戸建て、中古マンション・一戸建て、土地、投資用物件などを取り扱っています。株式は上場していませんが、主要取引銀行には、東京シティ信用金庫、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、城南信用金庫、東日本銀行、商工中金などがあり、従業員のうち3名が宅建資格の所有者です。また社団法人全日本不動産協会東京都本部、社団法人不動産保証協会東京都本部に加盟している他、安西建設の建売住宅は「日本住宅保証検査機構(JIO)」に全て加入しています。現在の代表は安西浩一氏です。
安西浩一氏は平成19年(2007年)創業の株式会社DADの社長も兼任しており、こちらは飲食店舗の運営、インテリアデザイン、飲食店プロデュース、メニュー開発などを行っています。株式会社DADがプロデュースした店舗には「ジュングルマン」「日本橋ぼんぼり」など、テレビ出演経験のある人気店もあります。
株式会社安西建物の特色は、賃貸管理業務より不動産の建築、施工の仲介業務に重きを置いているようで、人口が多く、土地が少ない都内に、狭い土地でも間取りや建て方を工夫し、広い空間を提供する「狭小地住宅」の建築や、デザイナーが設計した、おしゃれな外観や内装でありながらも、同時に住みやすさも追及した「デザイナー住宅」の建築を得意としています。また、施工した建物全てを、「日本住宅保証検査機構(JIO)」に登録しています。日本住宅保証検査機構とは、地盤調査から始まり、基礎配筋検査、構造体検査など、複数の検査により建築する住宅が安全で信頼できるかどうかを確認・証明するほか、万が一新築物件が不良であった場合、その補償費用を施工会社に支払い、修繕を促す機関です。このことでも安西建設が自身の施工物件の安全性を重視し、建売り住宅は売ってしまえば施工会社の役目は終わり、といった無責任な不動産業者でないことがわかります。

安西建物のポイント

POINT.1
ポイント1.株式会社安西建物は、中央区日本橋の人形町に本店を置き、一都三県の不動産を扱っています。アパート、マンションなど賃貸物件の管理を行っている他、新築・中古の一戸建ての仲介・販売業務も行っています。また不動産投資用の物件も取り扱っています。現在賃貸、売買物件ともにインターネットに登録しているものはありませんので、気になる方がいれば定期的にホームページを覗くか、電話やメールなどで問い合わせてみて下さい。
POINT.2
ポイント2.土地価格が地方よりも断然高い都心部に家を建てる場合、建売り住宅(土地代も含む)価格を抑えるためには、どうしても土地を狭くすることで、土地代を抑えなければなりません。ただし狭い土地でも間取りや建て方を工夫することで、広い空間を確保することはできます。株式会社安西建物は、そんな都市部には欠かせない「狭小住宅」に定評があります。またデザイナーにより設計された、おしゃれな外観、内装に加えて、同時に住みやすさも兼ね備えた「デザイナー住宅」を得意としています。
POINT.3
ポイント3.株式会社安西建物では、設計施工した住宅全てを「日本住宅保証検査機構(JIO)」に登録しています。日本住宅保証検査機構は、地盤調査から基礎配筋検査、構造体検査など、複数の段階で検査を行うことによって、その住宅の安全性をチェック、保証するものです。建売り住宅は売ってしまえば不動産会社の役目は終わり、ということでなく、万が一でも瑕疵が発生しないよう、またもし発生したとしてもきちんと対応できるよう、安心・安全の家づくりを心がけています。

賃貸管理会社コスパを比較してみた!