公式サイトを見る

大幸ホームは東京都杉並区を中心として、建築関係及び不動産契約に関して幅広く事業を行っています。具体的には、建築業においての企画・設計から施工、アフターケアまで全般を実施しる他、賃貸物件の管理業務、建物の建売・分譲も行う事が可能です。 設立は1988年のことで、これまでに数十年間を掛けて、多くの実績を重ねることで信頼を集めてきました。不動産業には信頼が欠かせないとする経営理念を持っており、丁寧な業務遂行とともに、社員の能力を高めるための社内教育にも余念がありません。現在はスタッフは30人程度の規模で、国家資格を持つ社員も少なくは有りません。 業務エリアは杉並区の他にも、練馬区や世田谷区などの高級住宅街を持つエリア、華やかな新宿区や渋谷区も対応が可能となっています。本社ビルと第二ビルの他、都内に展開している営業所は多数です。これらの営業所では売買の仲介など、宅建業関係や賃貸関連の事業も行われており、多彩なエリアで色々なことを相談できる会社となっています。 エコ関係やバリアフリーなども重視されている現在において、時代に即した経営は欠かせません。大幸ホームは時代のニーズにマッチし、尚且つ顧客重視の経営が武器と言えるでしょう。

所在地 東京都杉並区高円寺南2丁目19番5号 大幸本社ビル
電話番号 03-3317-7093
FAX番号 03-3314-5167
免許番号 建設業許可東京都知事許可(特-28)第93687号 (建設工事業)

大幸ホーム(杉並区)のメリット

一戸建ての注文住宅を建てられる会社は少なくはありませんが、アパート規模の建築が可能なのは大幸ホームの大きな魅力と言えるでしょう。土地活用として賃貸物件の建築と経営を考えるならば、大幸ホームは役立ってくれます。アパートを建ててから、オーナーには何かと面倒の多い賃貸管理も任せることが可能です。入居の促進も行ってくれますから、収益物件の入手と運用を包括的に計画出来るでしょう。 他にも幅広いニーズに応えられる点も、大幸ホームの魅力です。住居併用の賃貸物件やエコ住宅の建築の他に、耐震補強やバリアフリーなど、相談できる事は多岐にわたります。もちろん、これらを組み合わせて考えていくことも可能ですから、高齢者住宅に太陽光パネルを設置したいなどの希望にも応えてくれるでしょう。顧客からの要望に対して、バランスの良い提案を行うのが大幸ホームの方針ですから、無理のない計画を立てやすい点もメリットです。 これらの総合的な建築・不動産関係の事業を行うには、スタッフの優秀さは欠かせません。一級建築士が複数名在籍している他、登記に関してのプロである司法書士や、不動産契約に欠かせない宅地建物取引士も複数名を配置。弁護士や税理士もコモンに迎えるなど強力な体制が整っています。総合的に信頼性の高い、実力重視の経営が窺えるでしょう。

大幸ホーム(杉並区)の企業情報・売上

大幸ホームは1968年創業の不動産売買仲介業から発展してきた会社で、1988に大幸ホーム株式会社として設立されました。現在の資本金は1億円に近くなっており、純資産はほぼ3億円に上ります。現在はネット・ナウ株式会社やコンサルタント関係の事務所も設立し、大幸グループが形成されていますが、大幸ホームはその中でも大きな柱の一つです。 現在の代表取締役会長は林直清氏で、前身となっている不動産売買仲介業の創業者となります。社長は林良和が2003年に就任以降、大幸ホームを切り盛りしており、経営は順調と言えるでしょう。中庸とバランスを掲げた堅実な提案を理念とし、顧客を大切にしています。 経営状況は平成25年の発表では、管理受託戸数の契約は住宅で3200戸、ガレージで700個にのぼり、取り引きオーナー数は500名です。確実に支持を集めていると言えるでしょう。

大幸ホーム(杉並区)のポイント

POINT.1
土地の有効活用を考える際には、収益物件の建築と運用においてストロングポイントを持つ会社です。土地に不動産物件を建築し、登記手続きを経て、入居者を探して管理してくと言う大まかな流れを包括的にサポート可能なのは、オーナーにとって有益と言えます。コンサルタントから建築士、司法書士までスタッフを揃えており、一つの会社を窓口に出来るのは安心です。計画の段階から賃貸管理までを見通せますから、資金計画や収益予測なども立てやすいでしょう。収益物件の運用はリスクもありますが、包括的なサポートがあるのは安心材料と言えます。
POINT.2
宅建業も自社で行えるので、入居者探しも任せられるのも大きいです。アパート経営で欠かせない賃貸管理も行ってくれますし、厄介な修繕計画を立てる際や、実際に大規模修繕が必要になった場合でも頼りにできるでしょう。
POINT.3
エコやバリアフリーなどの工事を行える点で、長期優良住宅の認定を目指すことも出来るはずです。士業関係の顧問やスタッフが多数ありますから、各種減免制度などの適用にも詳しいでしょう。不動産と法律関係や税制関係は切っても切れないものなので、これらのサポートが強力でしたら、助かる場面も多いと想像できます。

賃貸管理会社コスパを比較してみた!