リベルア
公式サイトを見る

株式会社リベルアは、東京中央区銀座に本社を構え、不動産管理業務を主に行っています。ただし管理業務だけでなく、不動産の資産価値を上げ、長期的な家賃収入を可能にするためのリノベーションの提案や独自のネットワークを駆使した不動産の売買に関するコンサルティングにも力を入れています。

所在地 〒104-0061 東京都中央区 銀座6丁目13-7 新保ビル6F
電話番号 03-5825-4616
FAX番号 03-5825-7698
免許番号 未取得

リベルアのメリット

株式会社リベルアは、東京都中央区銀座に本店を置き、不動産管理を主に行っています。管理業務には家賃回収や管理不動産の定期点検、クレーム対応など様々な業務があるのですが、株式会社リベルアでは、入居者の募集から契約、入居手続きや管理、更新契約の手続きや退去後の原状復帰(リフォーム)まで、入居者に関する対応、手続きの一切をオーナーに代わり行います。また滞納、賃料の遅れなどのリスクに対し、保証会社と協力してオーナーに家賃の滞りがないように保証もしています。さらに住民が退去した後、空き室となった部屋の家賃一時保証なども行っています。さらに、不動産の資産としての価値が下がることがないよう、数年で家賃として回収できるような低予算でのリフォームをオーナーに提案し、不動産の価値を高める提案を行っています。
上記のような管理業務とは別に、不動産売買のための査定、提携先の紹介など、独自のネットワークを使ったコンサルティング業務も行っています。

リベルアの企業情報・売上

株式会社リベルアは平成28年(2016年)に資本金100万で設立された、比較的新しい会社です。社名の「リベルア」というのは代表である藤居琢也氏が不動産を意味する英語のReal estate(リアルエステート)とイタリア語で自由を意味するLiberta(リベルタ)、優雅な光を意味するLucia(ルチア)から作り上げた造語だそうです。宅地建物取引業者としての登録はしておらず、不動産の賃貸管理をメインに行う、いわゆる「管理会社」に分類されます。株式会社リベルアの特徴は、入居者の選定や賃貸借契約締結、入居手続きや退居手続き、室内工事に至る一連の入居者に関する管理業務全般を引き受けるだけでなく、家賃滞納時の補償や空き室が発生した際の一時的な家賃補償なども行ってくれること。さらにはオーナーから任された不動産の管理をただ行うだけでなく、投資物件としての不動産の価値を長期的に維持していくために、低価格でのリノベーションなどを提案してくれることです。土地とは違い、建物の価値は経年劣化により下がっていくのが普通ですが、リノベーションにより、そこに付加価値を加え、入居者を維持していくのはとても重要なことです。株式会社リベルアは、そのようなアグレッシブな不動産管理を得意としています。ホームページには、明らかに「古い」と思われるマンションの玄関やクロス、浴室や間取りなどを、リノベーションによって、まるで新築マンションの部屋のような清潔感、現代感あふれる部屋、浴室に変えている写真がいくつか掲載されており、これを見るだけで、不動産の価値を維持することがいかに重要かを理解できます。ちなみに低価格を謳っているだけあって、ワンルームならリノベーションにかかる費用は30~35万程度であり、部屋が埋まればその費用は数年で回収可能となるようです。
また、ホームページには「不動産投資用マンションの管理・運営や売買に特化精通」しているとあるように、独自のネットワークや情報を駆使し、投資用のマンションの査定、評価や売買に関するコンサルティング業務も行っています。
店舗は現在銀座にありますが、平成29年(2017年)までは千代田区神田和泉町にありました。現在の店舗は東京メトロ日比谷線の東銀座駅から徒歩5分、都営地下鉄浅草線の東銀座駅から徒歩5分の場所にあります。株式は上場していませんので、主要取引銀行や売り上げ、社員数などは非公開となっています。
以上のことをまとめると、株式会社リベルアは、不動産物件の価値を高めるようなアグレッシブな管理業務を得意とし、また培ってきたネットワークを活用して投資用不動産の選定、査定、売買のコンサルタントを行う企業と言えます。

リベルアのポイント

POINT.1
ポイント1.株式会社リベルアは、中央区の銀座に本店を置く、不動産物件を主に管理する会社であり、家賃の回収や入居者の勧誘や入居契約、退去時のサポートなどをオーナーに代わり行います。また空き室ができた場合や、入居者が家賃を滞納した場合、保証会社との提携などにより、家賃の取り立てやオーナーへの支払い、空き室補償など、オーナーの負担を軽減する対策も講じてくれます。
POINT.2
ポイント2.中央区のような人気のある土地に立っているマンションでも、新築の頃ならともかく、年数を経るにつれて物件の劣化が起こり、家賃を下げないと入居者が減少するのはごく当たり前のこと。オーナーにとって家賃収入の減少は最もダメージが大きい損害です。株式会社リベルアはオーナーから預かった物件をただ現状のままで管理・維持するのではなく、適切で低価格なリノベーションを施すことにより、家賃を下げることのないままで入居者を増やし、長期的に安定した家賃収入をオーナーにもたらす、アグレッシブな「管理業務」を得意としています。
POINT.3
ポイント3.「不動産投資用マンションの管理・運営や売買に特化精通」を謳っているように、独自のネットワークや情報を駆使して、オーナーが不動産売買を行う際、対象物件の査定や販売相手の紹介などのコンサルティング業務を行っています。不動産投資を通じて、オーナーに自由(リベルタ)な光(ルチア)をもたらすという社名にもなった理念に従い、さらなる価値を創造できるようサービスの向上に努めています。

賃貸管理会社コスパを比較してみた!