公式サイトを見る

大田区を中心に不動産管理を幅広く行っているのが、こちらの株式会社ホワイトホームズです。株式会社ホワイトホームズの本店は、東急池上線の久が原駅から歩いて1分という便利な立地にあります。大田区鵜の木にも支店があり、気軽に立ち寄りやすい不動産会社です。ホワイトホームズでは、賃貸物件のオーナー向けにさまざまな管理プランを用意しています。必要に応じて内装のリフォームも行っているので、借り手を早く見つけたいというときにも相談が可能です。ホワイトホームズでは、賃貸物件や売買物件の仲介も手掛けています。東急池上線や東急多摩川線沿線を始め、近隣の物件を数多く扱っており、大田区周辺のマンションやアパートを所有するオーナーにとっても頼れる不動産会社となるでしょう。家を売りたい、土地を貸したいといった場合にも、もちろんサポートが受けられます。建物の他にコインパーキングの駐車場やレンタル農園の仲介にも対応しており、生活シーンに合わせていろいろな相談ができるのが魅力。税金や保険をテーマにしたセミナーなど、オーナー向けのイベントが折に触れて開催されているため、不動産管理に関する知識をこれから身につけていきたい場合にも手厚いサービスが受けられます。

所在地 所在地:〒145-0074東京都大田区東嶺町28-11
電話番号 0120-63-0481
FAX番号 03-6410-6803
免許番号 東京都知事 (13) 第22427号

ホワイトホームズ(大田区)のメリット

複数の選択肢の中から不動産管理のプランを選べる点は、株式会社ホワイトホームズのサービスを利用する際のメリットです。こちらの会社の不動産管理プランには、集金代行や苦情処理、建物巡回などのメニューがセットになったスタンダードプランのほかにも、幾つかのプランがあります。滞納保証やクレーム処理にウェイトを置いたプランもあるため、オーナーの希望で臨機応変に選択ができるという利点が。内容によって利用料金が若干変わるのが特徴で、維持管理のコストを考えながらプランを絞り込んでいけます。また、空き室対策に力を入れているのも株式会社ホワイトホームズならではの取り組みの1つ。オーナーの意向を最大限に考慮して、家賃を下げずに借り手を獲得できるようなサポートを提供中です。例えば、こちらの会社の場合、物件をより魅力的に見せるような内装リフォームを得意としています。リフォーム費用の立替え制度もあるため、万が一自己資金がなくても物件のリニューアルができます。立替え制度を利用した場合、借り手がついた時点で家賃から少しずつ費用を返済していく形になっており、オーナー側の負担は最小限に。客観的な視点で物件をチェックし内装のリニューアルを進めていきますので、古い物件の資産価値を上げたい場合にも役立つサービスです。

ホワイトホームズ(大田区)の企業情報・売上

株式会社ホワイトホームズは、資本金1000万円、従業員23名のアットホームな不動産会社です。東京都大田区で40年以上の営業実績を持ち、地域密着型のスタイルでサービスを提供しています。平成29年10月時点の取り扱い物件は、4683室、管理物件の入居率は96.61パーセントを記録。現在のところ、入居率98パーセントを目標に質の高い空き室対策を行っており、オーナーからも信頼が寄せられています。火災保険募集人や宅地建物取引士の資格を持つスタッフが多数在籍しており、相談時にはプロの視点で有益なアドバイスを行っています。取り扱い業務は多岐にわたっており、マンション管理業者、賃貸住宅管理業者、内装仕上げ工事業、古物商などのライセンスを保持。マンションやアパートの管理、仲介はもちろん、一戸建てや土地の仲介も業務の1つ。地元の嶺町町会や白山神社奉賛会に加入するなど、地域とのつながりを大切にしています。

ホワイトホームズ(大田区)のポイント

POINT.1
不動産管理プランにプラスできるオプションメニューが豊富です。清掃や雑草のお手入れといった物件のメンテナンスに関するメニューはもちろん、地域の不動産の動向について調べるマーケット調査をプラスすることも可能。無料で利用できるメニューもありますので、お得に不動産管理が進められます。
POINT.2
バリエーション豊かなオーナー様の会を定期的に開催。送迎付きのゴルフコンペや物件の内覧会、ランチ会などを開いて、オーナー同士の交流の機会を設けています。内覧会では、管理物件のリフォーム事例を実際に見学できます。建具や壁紙といったリフォームの材料についても知識が深められ、今後の管理プランを立てる上でも大いに参考になる企画です。
POINT.3
不動産業界でも注目されているIT重説をいち早く導入し、賃貸サービスの充実をはかっています。IT重説を採用すると、遠隔地の顧客とも円滑にコミュニケーションがとれるようになります。パソコンやスマホを利用することで、煩雑な事務手続きが一段とスムーズに。必要に応じて専用機器を貸与するなどの方法で、顧客の利便性をアップする取り組みを行っています。不動産取引で重要になる重要事項説明書の確認も、専用の機器を通じて可能になりました。

賃貸管理会社コスパを比較してみた!