公式サイトを見る

株式会社ゼントラストは、中央区銀座にて住宅の売買、賃貸管理、建物の管理運営など不動産マネジメントを行っている不動産会社です。管理戸数150件、管理面積21343㎡(6471坪)の管理実績がある株式会社ゼントラストの企業情報や売上、サービスについてご紹介します。

所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座八丁目7番13号 銀座全線座ビル1F
電話番号 03-6228-5070
FAX番号 03-6228-5072
免許番号 東京都知事(1)第98512号

ゼントラストのメリット

株式会社ゼントラストの理念は「情熱+上質=ホスピタリティ」です。不動産はその立地や建物の状況、オーナーの事情により、個別的な対応を必要とする資産です。ゼントラスト株式会社では、オーナーの事情に寄り添い、「不動産を守り、作るお手伝い」を心がけています。銀座国際ホテルを初め複数のホテル経営や管理業務で培ったノウハウを元に、オーナーの負担をできる限り軽減できるよう投資の相談、不動産の売却や建物管理などを行っています。
管理業務では転貸借方式といって、オーナーから会社が部屋を借り、それを入居者に貸し出すという方式を採用しています。これにより「貸主」がオーナーから会社に代わることで、悪質な入居者に対しては、滞納家賃の督促や契約の更新を行わないなど、積極的な措置を取ることができます。また空室が出た場合、一定水準の家賃を補償する「空き室補償」、入居者が賃料を滞納した場合、その賃料を立て替えてオーナーに支払う「滞納補償」に加え、入居者の募集、家賃の管理、滞納家賃の督促、クレーム対応などの「入居者管理」や、収益性を高めるリノベーションの提案などの「経営管理」まで、トータルに賃貸物件の管理運営のサポートを行ってくれるメリットがあります。
投資相談では、物件の選定や投資費用の算出、投資におけるリスクマネジメントなどについて、オーナーが納得して投資を行えるようなアドバイスを行っています。不動産の売却では、迅速に、手数料無料で、個人情報を守りつつ、リフォームやクリーニングをしなくても、買い取りを行ってくれます。
建物管理では、オーナーの意向を聞き、パートナー企業と協力しながら、建物運営(プロパティマネジメント)、建物管理(ビル・マネジメント)、テナント管理(リーシング・マネジメント)、資産保全(コントラクション・マネジメント)を行い、建物経営の安定と向上を図ります。

ゼントラストの企業情報・売上

株式会社ゼントラストは平成27年(2015年)に資本金500万円で設立、本店は中央区銀座の1店舗のみで、区分マンションの投資や住宅の売買、賃貸管理、建物の管理運営、駐車場の管理業務などを行っています。株式会社ゼントラストの社員数は10名ですが、関連会社を含めると40名になります。公益社団法人全日本不動産協会や、同じく公益社団法人不動産保証協会、東京商工会議所などの各団体に所属しており、関連会社には、株式会社銀座国際ホテル、全線座株式会社があります。
株式会社ゼントラストは、グループ創業者・樋口大祐(代表者の曽祖父)が昭和27年(1952年)に創業した全線座株式会社が会館し、名画座として知られた「銀座全線座」、「渋谷全線座」という映画館の跡地に建設された「銀座全線座ビル」と「渋谷全線座ビル」の管理業務部門を引き継いだ会社です。平成13年(2001年)には銀座国際ホテル(銀座前線ビル内のホテル)の運営を、平成22年(2010年)には銀座パンドラ(カラオケ)の運営を開始し、その後平成27年(2015年)に株式会社ゼントラストが設立されました。平成29年(2017年)には、株式会社パートナー(東京都港区)の事業を承継し、管理物件が120件を超えるようになり、平成30年(2018年)には管理物件が150を超えるようになりました。本社は中央区の銀座にあり、現在の社長は樋口雄一氏です。氏は関連会社である全線座株式会社の専務取締役も兼任しています(2018年10月)。
株式会社ゼントラストは株式の上場はしていませんが、主要取引融機関は三井住友銀行、みずほ銀行、日本政策金融公庫で、平成29年度の決算では、経常利益が6,400万円、売上高が4億100万円であり、関連会社全体では売上高が16億9,300万円であり、今年度に当たる平成30年度の経常利益は4,400万円、売上高は4億2,000万円を予想しています。
現在は賃貸物件の管理運営だけでなく、住宅の売買や投資物件の相談、査定など不動産にかかわる業務全般をトータルにサポートしています。

ゼントラストのポイント

POINT.1
ポイント1.株式会社ゼントラストは中央区銀座にある、平成27年(2015年)に創業された会社であり、関連会社で培ったホテル経営や物件管理のノウハウを生かして、賃貸物件の管理や住宅の売買、建物の管理運営を行っています。現在扱っている物件の数は150を超え、延床面積は21,393㎡(6,471坪)にまでなっています。
POINT.2
ポイント2.株式会社ゼントラストの管理業務は、転貸借方式を使用し、会社を「貸主」とすることで、入居者への積極的な対応を可能にします。空き室が出た場合でも、一定の家賃をオーナーに補償する「空き室補償」、入居者が家賃を滞納した場合、会社が家賃の立て替えを行う「滞納補償」を始め、入居者の募集、更新、クレーム対応、物件のメンテナンスなど、管理業務のほぼ全般を請け負うことで、オーナーの負担を軽くし、長期的な利益を得られるようサポートを行っています。
POINT.3
ポイント3.株式会社ゼントラストでは、投資目的での不動産物件について、オーナーからの相談を受け、候補地の選定や購入にかかる一時的、継続的費用の算出、投資へのリスクとその改善方法などをオーナーに説明し、投資の決断に自信を持ってもらえるようアドバイスしています。また購入後の物件管理はもちろん、不動産の買い取りなど、不動産売買や仲介業務にも力を入れています。

賃貸管理会社コスパを比較してみた!