公式サイトを見る

サンリビンは、東京・神奈川・千葉・埼玉の一都三県を中心に賃貸物件の紹介や賃貸管理などの業務を行っている不動産会社です。細かい物件情報やエリア全体の情報もしっかり押さえていて、きめ細かいサービスが特徴です。サンリビンの特徴や企業情報などについてご紹介していきます。

所在地 東京都渋谷区恵比寿4-17-3カゲオカビルディング7F
電話番号 03-3449-0111
FAX番号 03-3449-0118
免許番号 東京都知事(11)第34524号

サンリビンのメリット

サンリビンは、30年以上物件管理の代行業務を行ってきているという実績があり、不動産業界でも高い信頼を得ています。
具体的な管理業務システムについては、賃料保証システム・集金代行システム・管理代行システム・募集代行システムの4つがあり、物件の状態や入居人数などに合わせて利益が一番得られるものを選ぶことが出来ます。特に賃料保証システムは空室保証や滞納保証もついており、空き室や入居者の家賃滞納などのリスクを心配する必要がなくなるというメリットがあり、賃貸運営に不慣れな方でも安心です。

サンリビンの企業情報と特徴

サンリビンは、30年以上前に設立された資本金1億円の不動産会社です。東京都渋谷区恵比寿に店舗を構えていて、東京都をはじめ神奈川県・千葉県・埼玉県の不動産関連商品を主に取り扱っています。
従業員数は11人で、所属団体は公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会、公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会です。
不動産業務に加えて、鍵の修理や交換などの業務も行っているのが特徴のひとつです。

賃貸管理について人気を集めている理由

賃貸物件の紹介の他、賃貸管理についても相談を受け付けています。
具体的な事業内容は、不動産の賃貸・管理及びオーナーへのコンサルティング業務、不動産の鍵交換・取り付け・修理業務、不動産の塗装・内装・リフォーム業務、損害保険代理業などです。特に鍵の交換や取り付け業務に関しては、渋谷区内でもさほど多くない美和ロックサービス代行店であることが特徴的です。
渋谷区恵比寿エリアを中心に、東京都23区内の鍵の修理、鍵交換サービスの他、補助錠の取り付けや子鍵・シリンダーなどの販売も行っています。美和ロックサービス代行店は多くないため、不動産会社としてのノウハウも持っているサンリビンは他の不動産会社や建物のオーナーからも人気を集めています。個人の顧客にも対応していますが、法人向けと同様の低価格でサービスを提供していることもあり、法人向け業務と同様多くの支持を集めています。
現在は東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の一都三県で220物件、1,300部屋以上の運営について管理を受託していますが、鍵交換等のサービスについては主に都内で行っているという違いがあります。

サンリビン(渋谷区)のポイント

POINT.1
サンリビンでは、30年以上培ってきた物件管理のノウハウと経験を活かし、オーナーにとって大切な資産である物件を慎重に管理・運用しています。安心と確かな技術を提供するということをモットーに、より魅力的で運用効率の高い物件へと発展させるべく様々なサービスを行っています。
多くの支店を抱えている大手の不動産会社と比べれば対応エリアは狭いですが、その分地元に密着した不動産会社だからこそ得ることができる細かなデータをたくさん持っていることもサンリビンの特徴です。物件やその周辺エリアについて、入居者が実際に必要としている情報をすぐに提供できることは入居者の満足にもつながり、長期入居や空き室を減らすことにも貢献できます。サンリビンで管理している物件については仲介手数料を割引するなどのキャンペーンも行われており、運営管理を代行する物件を入居者に売り込もうという姿勢が感じられます。

POINT.2
サンリビンでは賃貸物件への入居に関する契約について丁寧な説明を行っています。入居の手順ではなく物件を借りるという契約の流れを中心に説明していて、入居審査についても丁寧に解説があり、物件のオーナーから見ても安心して部屋を貸すことができる入居者層に向けてアプローチしていることがわかります。
また物件によっては必須であるリフォームに関してですが、塗装・内装などのリフォームはもとより、鍵の交換や取り付けといった業務も自社で行えるという特徴があります。他の不動産会社は他社に依頼するということを考えると、融通も利きやすくメリットのひとつといえます。
POINT.3
物件の管理や企画、運営業務についてのポイントですが、選ぶプランによって付くサービスが違う点に注意が必要です。例えば賃料を保証するプランでは、空室保証や滞納保証もついていますが、集金代行や管理代行、募集代行などのプランに関してはそういった保証はつきません。それだけ月々にかかる手数料も低くなりますが、空き室がある場合や入居者が家賃を滞納してしまう場合などのリスクは高くなってしまいます。一方の賃料保証プランでは手数料がかかる他、賃料もサンリビン側で決められるという要素はあるものの、その分手厚い保証がついてきます。どちらを取るかは現在管理している物件がどういった状況にあるか、今後どう運営していきたいかなどによっても変わりますが、保証が付いているプランという選択肢があるのは大きなメリットといえるでしょう。

賃貸管理会社コスパを比較してみた!