サム・リアルティ
公式サイトを見る

株式会社サム・リアルティは、東京中央区に本社を構える、賃貸管理・開発・仲介業務行っている不動産会社です。賃貸マンション・アパートの他、事務所や倉庫、店舗や工場用地の賃貸や売買、投資物件や別荘など、取り扱っている物件は幅広く、特に中央区の仲介業務に力を入れています。

所在地 東京都新宿区西新宿1丁目26番2号新宿野村ビル26階
電話番号 03-3541-2321
FAX番号 03-3345-8273
免許番号 国土交通大臣(4)第6101号

サム・リアルティのメリット

株式会社サム・リアルティは、東京都中央区、築地にある地元密着型の不動産業者です。不動産業務にはマンションやビル、倉庫などを管理する管理業務、分譲マンション、新築一戸建てを開発・販売する開発業務、中古マンションや土地などの売買物件を仲介する仲介業務がありますが、この会社は管理業務が最もキャリアが長く、30年の実績があります。開発業務は20年、仲介業務の実績年収は不明ですが、どの業務にも力を入れているようです。ホームページには仲介業務の実績が紹介されており、ただ売主から不動産を預かり、それを求める買主へ渡すという流れ作業的な不動産売買ではなく、「ない不動産は作る」をモットーに、エキスパート集団である社員がその営業力や知識を生かして、買主の求める不動産を探し出して斡旋する、といった企画力も「売り」にしている会社です。取り扱っている物件は賃貸マンションや貸事務所が主ですが、別荘などの販売も行っています。

サム・リアルティの企業情報・売上

株式会社サム・リアルティは平成24年(2012年)に資本金300万で宅建業者としての登録をしています。こう書くと、わずか創業6年程度のまだ新しい会社のように見えますが、ホームページの情報では、不動産管理業務については、30年以上、開発業務についても20年以上前から携わっているようです。店舗は本店1店舗のみで、中央区の築地にあり、東京メトロ日比谷線の築地駅から徒歩8分、都営大江戸線の築地市場駅から徒歩8分の場所にあります。近くにはつい最近市場としての役割を終えた築地市場があります。中央区(銀座・築地・勝どき・月島・佃)内の物件を主に取り扱い、賃貸マンションや貸事務所、貸倉庫などの賃貸業務、分譲マンションや一戸建て住宅の開発業務、土地や建物の仲介業務や競売の代行などを手掛けています。株式は上場していませんので、主要取引先銀行や売上げ、社員数などは非公開ですが、公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会や、公益社団法人東京都宅地建物取引業協会、同じく公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会に加盟しています。主な取引先は三菱地所株式会社グループや、東京建物株式会社など不動産関係の企業から、東都水産株式会社、東京シティ青果株式会社など、築地市場関連の企業など、多岐にわたっています。現在の社長は天野公三氏です。 サム・リアルティの特色は、首都圏の主要賃貸物件であるワンルームなど単身用の物件を多く抱え、管理費や仲介料を取るといったごく一般的な「町の不動産屋」ではなく、豊富な経験と幅広い知識を持ったスペシャリストが、中央区に物件や土地を探している借主(買主)の要望にあう物件や土地を探し出し、貸主(持主)を説得して賃貸(売買)契約を成立させる、といったコンサルティング業務に力を入れていることです。実際現在取り扱っている物件は、賃貸物件が4件(ワンルーム1件、貸事務所3件)、売買物件は1件となっており(インターネット調べ:2018年10月)、かなり少ない件数となっています。 中央区は銀座、築地、月島など、江戸時代から人の多い「都会」であり、そのため郊外の新興住宅地のような広大な土地はほぼありません。また下町ゆえに昔の建築基準法で建てられた建物も多く、建て替えができないために、土地が売れないといった場所もあります。この会社はそんなオーナーの要望に答えるべく、地元ならではのネットワークを駆使して対応に当たっています。 ホームページには、困った時の相談窓口が用意されていますし、不動産契約までの流れとして、「相談→調査→提案→管理→契約」とまず相談と調査が必須であることを明記しています。もし中央区で土地や物件を探していて、他の不動産業者からは断られたという経験をお持ちの方は、ぜひ一度ご相談下さい。

サム・リアルティのポイント

POINT.1
ポイント1.株式会社サム・リアルティは、中央区を拠点とし、銀座、築地、月島などの物件の管理業務、開発業務、仲介業務を主に行っています。特に管理業務については30年の長きにわたり業務を行ってきました。扱う物件は単身用のワンルームなどよりも、貸事務所など企業向けの物件が多いですが、中には箱根の別荘のような高額物件も取り扱っています。
POINT.2
ポイント2.中央区は元々が都心であるため、家も人も多く、郊外の新興住宅地の開発のような広大な土地はほぼ皆無です。また現在の建築基準法に適応しておらず、管理も売却も困難な土地や建物も多くあります。そのため中央区に工場を 作りたい、広い駐車場を確保したい、土地を売却したいといった要望があっても、なかなか実現できないのが現状です。株式会社サム・リアリティはそのような顧客の要望にできるだけ答えるべく、地元のネットワークや豊富な知識・経験を持ったスペシャリストが奮闘しています。「無い不動産は作り出す」をモットーに、人と土地(建物)を結びつけるコンサルティング力。これが株式会社サム・リアルティの強みです。
POINT.3
ポイント3.株式会社サム・リアルティの契約までの流れは以下の通りです。
相談→調査→提案→管理→契約。
つまり、まず顧客の相談に乗ることから始めます。そして綿密な調査を行い、解決策があればそれを提案します。他の不動産業者には「無理だ」と断れた顧客も、ここに相談することで、求めていた物件と契約することができたという事例がホームページには掲載されています。またホームページには、「困った時はまず相談」として相談専用のメール窓口が設けられています。中央区の複雑な不動産関係のお悩みはまず株式会社サム・リアルティへ!これが3つめの強みです。
POINT.4

賃貸管理会社コスパを比較してみた!