練馬区の賃貸管理・賃貸業者の一覧

練馬区のワンルームマンション投資の管理会社、仲介会社、サブリース会社とは?

練馬区のワンルームマンション投資の場合は、管理会社、仲介会社、サブリース会社をよく耳にするでしょう。
ここでは、練馬区のワンルームマンション投資の管理会社、仲介会社、サブリース会社とは?についてご紹介します。

管理会社とは?

管理会社というのは、ワンルームマンションの持主と入居している人との間に入ってくれるところです。
入居するまでが仲介業者で、入居してから管理会社が対応するような感じでしょう。
管理会社は、入居する人の管理と建物の管理を行っています。
クレーム対応、ワンルームマンションの巡回など、幅広い仕事を行っており、多く雑用もあるので、担当者が変更になる場合もあります。

仲介会社とは?

仲介会社というのは、主な仕事がワンルームマンションの持主と入居している人との間に入って仲介するところです。
入居する人の募集を持主や管理会社から頼まれて、入居したい人が現れると紹介して、賃貸契約が成り立てば仲介手数料が入手できます。
最近は、仲介手数料が無料などという管理会社もありますが、基本的に仲介手数料は受け取れる額が宅建業法で決まっています。
基本的に、借主と持主が折半して、家賃の1ヶ月分に消費税をプラスしたものになっています。
しかし、了解すれば、借主と持主のいずれかが家賃の1ヶ月分に消費税をプラスしたものを払うこともできます。
仲介手数料としては家賃の1ヶ月分以上を受け取るのは違反ですが、業務委託費や広告宣伝費として受け取ることはできます。

サブリース会社とは?

サブリース会社というのは、まとめて部屋を賃貸してくれるところです。
サブリース会社に持主がまとめて賃貸し、入居する人にサブリース会社が転貸するものです。
なお、家賃として保証されるのは、相場の8割~9割と低めになっていますが、空室リスクの心配がなく、クレームなども全て対応してくれ、決まった金額が決まった日に入金されます。
しかし、多くのトラブルが発生することもあります。
保証内容や契約内容は、サブリース会社によって違っており、最近は「一括30年借上」などというようなものもあります。
しかし、この場合は、家賃が30年間保証されるということではないため注意しましょう。
基本的に、家賃の見直しが1年間~2年間くらいで行われます。
了解できなければ、一方的にサブリース会社から更新を拒まれることもあるようです。
そのため、契約する前にしっかりと契約内容をチェックしておく必要があります。

(株)タケダサービス大泉学園営業所

ハウスコム(株)練馬店

(株)ハウステーション石神井公園店

(株)エイブル大泉学園店

アパマンショップ石神井公園店(株)アパマンショップリーシング

ハウスコム(株)石神井公園店

ピタットハウス保谷店アップル(株)

ai賃貸 石神井公園店(株)アイ建設事務所

アパマンショップ大泉学園店(株)アパマンショップリーシング

(株)ハウステーション大泉学園店