目黒区の賃貸管理・賃貸業者の一覧

目黒区のワンルームマンション投資のサブリースは本当に駄目か?

サブリースとは?

サブリースの場合は、目黒区のワンルームマンション投資の部屋の持主が借主のサブリース業者に賃貸して、入居する人はサブリース業者から借りるようになります。
持主はサブリース業者に賃貸するため、単純には100%の稼働率になります。
しかし、空室のリスクがない、賃料の滞納があっても賃料の相場が低下しても心配ないというようなものではありません。
基本的に、サブリース業者は相場通りの賃料で入居する人に部屋を賃貸します。
例えば、7万円が賃料の相場の場合は、サブリース業者から持主には6万5000円くらいが入り、この差額の5000円くらいがサブリース業者の儲けになります。

サブリースのデメリットとは?

しかし、サブリースにはいくつかのデメリットがあります。
初めの提案の段階で、サブリース業者から安く家賃の相場が設定されていればどうでしょうか?
基本的に8万円程度で賃貸できるが、相場が7万円と言われると、相場が分からない持主であれば「この程度であろう」と考えるでしょう。
しかし、持主への支払いは、相場よりも2割近く安い6万5000円になっています。
また、家賃を何年間保証というのは、家賃が何年間低下しないということではありません。
ほとんどの場合は、「家賃は何年間に一回見直しする」と契約書に記載されており、「了解が得られなければ解約」などと記載されていることもあります。

上手くサブリースを利用する

目黒区のワンルームマンション投資でサブリースを上手く利用するためには、次のようなことが大切です。
・周りの家賃の相場を把握する
サブリース業者が示す家賃が、適正な相場であるかを見極めることが大切です。
家賃の相場を無料で調査できるサイトが多くあるため、ぜひ利用しましょう。
・損益分岐点を把握する
サブリース業の手数料が家賃の20%の場合は、自主管理を20%の空室率で行っているのと同じになります。
管理委託の場合は、管理手数料がさらに上乗せになっていることがあります。
シミュレーションして、稼働率が年間に何パーセントを下回る場合は儲けがサブリースの方があるという損益分岐点をはっきりさせておくことが必要でしょう。
・いくつかのサブリース業者を比べる
家賃の見直しの契約内容や査定額については、いくつかのサブリース業者を比べないと内容がいいかどうかを見極めることができません。
サブリース業者同士を比べるだけでなく、管理会社も含めていくつかの業者を比べることによって、最も目黒区のワンルームマンション投資の持主に適した管理方法を探すことが大切です。

ハウスコム(株)学芸大学店

ハウスコム(株)自由が丘店

リビタ

明豊プロパティーズ

アパートナー

株式会社大恵エステート(目黒区)

株式会社アブローズ(目黒区)

栄不動産株式会社(目黒区)

有限会社T.O.T 管理(目黒区)

有限会社マックスウエイブ(目黒区)

30秒で無料診断
不動産シミュレーションはこちら