投稿日:

コラム

自宅を賃貸物件として貸すことを考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし、自宅を賃貸物件として貸す場合は、注意することがあります。

ここでは、自宅を賃貸物件として貸す際に注意することについてご紹介しましょう。

入居する人が現れなくて空き室になる恐れがある

入居する人がいないと家賃収入が獲得できません。

いかに優れた自宅でも必ず入居する人が現れるということではないため、家賃収入が獲得できないこともあり得ます。

しかし、入居する人がいなくても、維持するための費用がかかります。

入居する人がいるかどうかに関係なく、自宅は劣化していきます。

そのため、外壁などを修理する費用も考えておく必要があります。

また、入居する人が現れるまでは、人が住めるようにしておく必要があります。

家賃収入が獲得できなければ、自分で費用を負担する必要があり、入居する人がいない間にどんどん損するようになる場合もあり得ます。

家賃をダウンすると収入が少なくなる

入居する人がなかなか現れない場合は、対策を何等か行う必要があります。

対策としては、家賃をダウンすることが考えられます。

周りの相場よりも安い場合は、入居する人にはメリットがあります。

しかし、家賃をダウンすると、自分の収入が少なくなります。

そのため、自宅を賃貸物件とする収益プランが崩れてくるでしょう。

また、住宅ローンの残債がある場合は、月々の返済額もカバーすることができなくなる恐れもあります。

このようになれば、経済的に厳しくなって、自宅を最終的に売却せざるを得なくなります。

そのため、安易に家賃をダウンするのは注意しましょう。

どのような人が入居するか分からない

入居したい人から申し込みがあった場合は、契約する前に、審査を仲介する不動産業者が行います。

しかし、審査する内容としては、入居する人の勤務先や収入を自分で申告してもらうくらいです。

そのため、どのような人が実際に入居するかは分かりません。

ほとんどは問題ないでしょうが、困るような人がたまに入居してきます。

例えば、大きな音を深夜に発生させたり、決まったところ以外にゴミを廃棄したりするというように、近くの人に迷惑になる行いが継続することがあります。

入居している際にトラブルがなくても、契約が終わった際に敷金についてトラブルになる場合も考えられます。

どのような人が入居しても、トラブルがあるということを把握しておきましょう。