投稿日:

コラム

住宅ローンを返済している際に、自分の住宅を賃貸するようなこともあるのではないでしょうか。

ここでは、住宅ローンを返済している場合に自分の住宅を賃貸するケースについてご紹介しましょう。

もし、黙って自分の住宅を賃貸しており、金融機関にこれが知られると必ず自分の住宅に帰るように言われます。

この場合に、すぐに帰りたくても借主が拒むと認める必要があり、借主としてもすぐに退去して欲しいと言われても対応がすぐにできないでしょう。

例えば、転勤が急に無くなったようなケースでも、同じであるため十分に注意しましょう。

そのままにしていると、住宅ローンの返済を一括で要求され、もし返済できないと競売になってしまいます。

そのため、住宅ローンを返済している際に黙って自分の住宅を賃貸している場合は、すぐに借主と交渉して退去してもらう方法を検討しましょう。

借主にすぐに退去してもらうためには、新しく住宅を借主が契約するためのお金が必要になります。

例えば、礼金・敷金、仲介手数料、引越し費用などが必要になります。

金融機関としても、「一時の出費をとりあえず支払ってでも、契約した通りにしなさい」と言うため、方法はこれ以外にはありません。

借主が退去してくれるまで我慢しよう、というようなことはできません。

一戸建ての住宅の場合は、引越し費用などを考慮すれば、100万円程度は最低でもかかるでしょう。

住宅ローンを返済している際に自分の住宅を賃貸したい場合は、定期借家契約がおすすめです。

定期借家契約の場合は、例えば、2年間などの一定期間のみ賃貸することができます。

定期借家契約で有れば、帰ってきた際にでも借主に退去してもらうことができます。

また、金融機関にも十分に内容を話すことが必要です。

しかし、定期借家契約の場合は、期限付きになるのでちょっと家賃が安くなります。

一方、金融機関もやはり人間であるため、何回も返済が遅れたり、返済の過去の履歴が悪かったりすると金融機関も怒ります。

このような返済の過去の悪い履歴があるので、別の金融機関で借り換えすることもできなく、仕方なく返済を一括で要求されて自分の住宅を売却した場合もあるため注意しましょう。

住宅ローンを返済している際に自分の住宅を賃貸するのは、条件によってはできます。

この場合は、賃貸するのはどのような方法か、またどうして賃貸するかを金融機関に正直に伝えることが大切です。