投稿日:

コラム

住宅を売る際は、いくつかの不動産業者から、どこに売るのを頼むか決めます。

この際は、賢く不動産業者を選ぶことが大切です。

ここでは、住宅を高く売るために不動産業者を賢く選ぶコツについてご紹介しましょう。

●査定額の根拠を調べる

不動産業者に、査定額の根拠を確認してみましょう。

可能な限り細かく評価ポイントのプラスのものとマイナスのものを説明してくれる不動産業者であれば、査定額の根拠は高い信頼性があると言えます。

一方、査定額が高い場合でも、あいまいな根拠であったり、はっきりしない根拠であったりするような不動産業者の場合は、契約が欲しいためだけに別の業者よりも高めに査定額を出していることがあります。

このような場合は、売出し価格が査定額よりも安くなることもあるため、詳しく根拠を説明してくれる不動産業者の方がおすすめです。

●同じような住宅の取引実績を調べる

不動産業者に、売る住宅のエリアでどの程度の取引実績があるかを確認してみましょう。

例えば、一戸建ての住宅を売る場合は、直近の2年間程度のその地域の一戸建ての住宅の取引実績を確認しましょう。

取引実績が多くある不動産業者の方が、より頼りになります。

もしかすれば、有名な不動産業者よりも地元の不動産業者の方が取引実績は多いかもしれません。

不動産業者は有名かどうかのみで選ぶと駄目というのは、このような場合もあるためです。

取引実績が多くあるというのは、その分不動産業者が多くの買主を探せるようになります。

不動産業者を選ぶ際は、大手かどうかだけでなく、きちんと住宅の取引実績を確認しましょう。

●担当営業マンが頼りになるか調べる

契約を不動産業者と結ぶと、定期的に担当営業マンと連絡するようになります。

特に初めて住宅を売る場合は、どのようなことでも相談に乗ってくれるような担当営業マンがおすすめです。

査定を頼む際に、不動産業者の担当営業マンに、現在思っている不安や疑問を直接話してみましょう。

そして、担当営業マンが、真摯にこれを聞いてくれ、解決方法や提案を具体的に示してくれるかどうかを調べてみましょう。

話をする際に、担当営業マンがもしストレスがあるような場合は止める方がいいでしょう。

連絡を定期的にするごとにストレスがある場合は、住宅を高く売って欲しいという意欲も無くなってくるでしょう。

担当営業マンは、安心してストレスなく連絡ができるかどうかを確認しましょう。