投稿日:

コラム

自分が定年になれば、お金が入ってこなくなるため非常に心配でしょう。

年金をもらったのみでは、生活することができないでしょう。

定年退職してからの生活は、お金に苦労しないようにしたいものです。

そのため、定年退職してからは、お金を儲けるために中古アパートを買って、賃貸して家賃を獲得するような不動産投資をしている人もいます。

ここでは、中古アパートを買う魅力、中古アパートを買う際に注意することについてご紹介しましょう

中古アパートを買う魅力

中古アパートを買うのは、不動産を買って賃貸することによって儲けたいという人です。

中古アパートの最大の魅力は、新築アパートよりも安く買えることです。

イニシャルコストを少なくすることができるため、初めてアパートを買う人は中古アパートにするようです。

また、新築アパートの場合は、建物がまだできていないので実際に確認できません。
中古アパートであれば、建物が実際にあるため、どのようなものか自分で確認できます。

入居している人がいれば、家賃収入がすぐに獲得できます。

イニシャルコストが手元にすぐに戻ってくるため魅力があります。

また、空き室が無く、入居する人を最初から募集する必要がないのも魅力です。
入居している人がいない場合は、家賃収入を獲得することができません。
空き室が長期間になれば、家賃収入が獲得できないのでアパートの経営が厳しくなります。

中古アパートを買う際に注意すること

中古アパートの場合は、新築アパートと違って設備や建物が古くなっていることがあります。

そのため、設備や建物を修理するためのメンテナンス費がかかります。
安く中古アパートを買っても、メンテナンス費も含めると、新築アパートを買うのと同じ程度の費用になるかもしれません。
計画的に建物が修繕されているような中古アパートにすると、メンテナンス費を少なくすることができます。

また、中古アパートを買う際は、地震などに対して建物が強いかもチェックしておきましょう。

買ったお金を回収する前に、建物が災害によって壊れるかもしれません。
最小限にこのようなリスクを抑えるために、きちんと構造設計がされている中古アパートを探しましょう。
また、満室に中古アパートがなっていると、十分に部屋の中をチェックすることができません。
そのため、メンテナンス費が先々かかることがあるため注意しましょう。

中古アパートを買う際は、このようなことに注意しましょう。