投稿日:

コラム

賃貸経営をするときは、ほとんどの家主が不動産管理会社に不動産管理を頼むようになるでしょう。

ここでは、不動産管理会社は地元と大手のどちらがおすすめか?不動産管理会社を選択するときに把握しておくべきこととは?についてご紹介します。

■不動産管理会社は地元と大手のどちらがおすすめか?

不動産管理会社としては、地元と大手があります。

では、不動産管理を不動産管理会社に頼むときは地元と大手のどちらがおすすめなのでしょうか?

ここでは、不動産管理会社は地元と大手のどちらがおすすめか?についてご紹介します。

不動産管理会社をこれから選択したいと思っている方はぜひ参考にしてください。

 

  • 不動産管理会社はどのようなことをしてくれるか?

不動産管理会社は、入居する人の募集、クレーム応対、家賃を集金して家主に送金すること、退去するときの原状回復の準備、建物の規模の大きな修繕の提案など、幅広い仕事をしてくれます。

不動産管理は家主自身でもできますが、このような全ての仕事を一人で行う必要があります。

賃貸経営の他にも仕事があると、このような仕事をするのは非常に困難です。

不動産管理会社に不動産管理を頼むと費用は掛かりますが、有効に時間を使うことができるでしょう。

 

  • 不動産管理会社の地元と大手のメリット・デメリット

不動産管理会社としては大手の方がメリットがあると考えているでしょうが、地元のものも多くのメリットがあります。

ここでは、不動産管理会社の地元と大手のメリット・デメリットについてご紹介します。

・不動産管理会社の地元のメリット・デメリット

地元の不動産管理会社は地元で営業しているため、地元の客層や特性を把握していることがメリットです。

地元に応じた入居付けをすることによって、地元の人の評判が良くなり、安定して長年収益を獲得してくれるでしょう。

また、社員が多くないため、どのような人が仕事をしているかすぐにわかります。

大手の不動産管理会社と比較して身近であるということも、家主としては安心できるでしょう。

一方、地元の不動産管理会社のデメリットとしては、画期的な管理方法が都会であっても、なかなかこの情報が掴めないことがあります。

大手の不動産管理会社で全国展開しているようなところであれば、情報を共有することができるでしょうが、地元の不動産管理会社では遅れていることもあります。

また、費用面で効率をアップするソフトやツールを採用することができなく、効率が良くない仕事をしているときもあります。

・不動産管理会社の大手のメリット・デメリット

大手の不動産管理会社は、管理している戸数が多いため豊富に実績があることがメリットです。

豊富に実績があるため、トラブルが急に発生しても応対がすぐにできるので、入居している人の満足度も高くなるでしょう。

一方、地元の不動産管理会社は、客付けという入居する人を探してくれるところが多くないことがデメリットです。

客付けについては、ほとんど地元の仲介業者に頼むため、書類上でしか入居する人の情報がわからないときが多くあります。

保証会社の審査に受かっても、それほど良くない人が入居するときもあります。

このような人が入居すると後悔するでしょう。

 

  • 不動産管理会社を選択するときのポイント

不動産管理会社を選択するときは、地元や大手に関係なく、しっかりと物件の収益性を考えてくれるかが最大のポイントです。

満室になっていても、収益性がよくない不動産管理会社に頼むと賃貸経営をする意味が全くありません。

また、不動産管理に非常に注力していても客付力が無いときは、満室を保つのが困難になるでしょう。

不動産管理を頼む前に、入居する人を募集するためにどの程度注力しているかをチェックしておくことが大切です。

空き家問題が最近はよく話題になっているように、満室を保つのが困難になっています。

不動産管理会社の担当者が「弊社に任せてくれると満室を保証します」というような話をそのまま信用するのはよくないため、どのような対策をして満室を保つようにしているかを聞いてみましょう。

なお、扱っている物件がそれぞれの不動産管理会社で違っているため、1つのところに絞らないでいくつかのところに相談して決める方がいいでしょう。

また、ネットなどでは、不動産管理会社を選択するときに成功する方法を紹介しているため参考にしてください。

不動産管理会社は長く付き合うようになるため、賃貸経営では非常に大切です。

不動産管理会社を選択した後に後悔しないように、チェックするポイントを前もって確認しておきましょう。

 

■不動産管理会社を選択するときに把握しておくべきこととは?

不動産管理会社を選択する方法がわからないという家主もいるのではないでしょうか。

なんとなく不動産管理会社を選択すると、十分に不動産管理がされなくなって、賃貸経営で赤字になることがあります。

賃貸経営するときには、最終的な責任者は不動産管理会社ではなく家主になります。

不動産管理会社が家主の利益になるような応対をしてくれるとは必ずしも限らないので、信頼できるところを選択することが大切です。

ここでは、不動産管理会社を選択するときに把握しておくべきことについてご紹介します。

 

  • 不動産管理会社の集客力や知名度が優れている

入居している人を管理したり、物件の現状を保ったりするような技術力があっても、空室になると賃料収入を獲得することができません。

そのため、できる限り入居する人を多くするために、集客力や知名度が優れている不動産管理会社を選択することがおすすめです。

例えば、不動産管理会社の集客力を見極めるためには、賃貸サイトをチェックする方法があります。

賃貸サイトの載っている物件数や写真の枚数によって、集客力があるかどうかがわかります。

載っている物件数が多くあったり、写真の枚数が多くあったりすれば、その分不動産管理会社の集客力が優れているといえます。

また、不動産管理会社を選択するときは、高い知名度があるとお客さんから着目されやすく、入居したい人が集まりやすいというメリットがあります。

 

  • 不動産管理会社がエリアを十分に熟知している

エリアによって物件の特性や環境は違ってくるものであるため、不動産管理会社がエリアを十分に熟知しているかをチェックすることも大切です。

エリアの物件の特性を十分に熟知している不動産管理会社に不動産管理を頼むことによって、賃貸経営で失敗するリスクを少なくすることができます。

例えば、多く単身者が集まるエリアのときは、サラリーマンや学生に対するアプローチが得意な不動産管理会社を選択するのがおすすめです。

全ての不動産管理会社がエリアを十分に熟知しているとは必ずしも限らないので、最もエリアに適したところを選択するようにしましょう。

 

  • 不動産管理会社が細かく物件を紹介してくれる

最近は、部屋を探すときにネットを利用している人が多くなっているため、多くの情報がネットに載っているほど入居したい人が集まりやすくなっています。

そのため、不動産管理会社を選択するときは、宣伝している物件の情報について注意する必要があります。

例えば、賃貸サイトに物件の写真が多く載っており、丁寧に部屋の状態を紹介しているような不動産管理会社であれば高い信頼性があります。

また、物件のメリットのみでなくてデメリットも紹介していると、お客さんからもよく信頼されるようになります。

 

  • 不動産管理会者がスムーズに応対してくれる

不動産管理会社に問い合わせするときは、スムーズに応対してくれるかをチェックしましょう。

スムーズに応対してくれる不動産管理会社を選択することによって、早期に問題やトラブルが解決します。

万一不具合が建物に発生したときにスムーズに応対してくれないと、入居している人のクレームが大きくなってしまいます。

空室リスクは応対が遅くなるほど大きくなるため、賃貸経営の利回りが悪くなってきます。

逆にいうとスムーズに応対してくれる不動産管理会社のときは、問題やトラブルを早期に解決してくれるため空室リスクも小さくなってきます。

賃貸経営の収益が悪くならないように、不動産管理会社の応対についてチェックしましょう。

 

  • 不動産管理会社の担当者と相性が合う

不動産管理会社と契約すると付き合いが長期間になるので、担当者と相性が合うかについても考えておく必要があります。

担当者の話がわかりやすかったり、積極的であったりすると、不動産を適切に管理してくれるでしょう。

なお、不動産管理会社を選択する方法については、ネットなどでも紹介しているためぜひ参考にしてください。

 

  • 不動産管理会社を選択するときに注意すること

高い信頼性がある不動産管理会社を選択したいと考えている家主は多くいるでしょう。

しかし、賃貸経営で成功するためには、不動産管理会社を選択するときに注意することについても把握しておく必要があります。

ここでは、不動産管理会社を選択するときに注意することについてご紹介します。

・不動産管理会社は1社のみで選択しない

不動産管理会社は同じような仕事内容や性質であるため、1社のみではいいかどうかがよくわかりません。

そのため、いくつかの不動産管理会社と相談してみて、提案力や集客力を十分に比べてから選択しましょう。

・家主の目的に適さない不動産管理会社は止める

自分が頼みたい仕事内容をリストアップしておいて、不動産管理会社に相談するときに期待通りの目的であるかチェックすることも大切です。

家主の目的に適さない不動産管理会社は止めましょう。

・有名な不動産管理会社が優れているとは限らない

不動産管理会社の中には、テレビのCMなどによって、知名度を高く維持しているところもあります。

有名な不動産管理会社は集客力があり、入居する人を集めやすいというメリットがあります。

しかし、知名度が高いということでも、十分に不動産管理などができていない可能性もあります。

そのため、知名度が高いということのみで選択しないで、担当者の応対や管理内容などについてトータル的に判断することが大切です。

 

  • 不動産管理会社を変えるときに注意すること

不動産管理会社と現在契約しているが満足していないので変えたいと思っている家主もいるでしょう。

現在契約している不動産管理会社を変えるときは、十分に検討しましょう。

まず、現在契約している不動産管理会社の問題点をリストアップしましょう。

例えば、建物のメンテナンスが十分でない、空室が長く継続している、などというような問題点をリストアップすることによって、理想とするような不動産管理会社を選択しやすくなります。

現在契約している不動産管理会社の問題点をリストアップすれば、この問題点を解決してくれそうな不動産管理会社を選択しましょう。

実際に物件の問題点を不動産管理会社と相談することによって、有効な解決策があるかを判断することができます。

そして、不動産管理会社が選択できれば、解約することを現在契約している不動産管理会社に伝えます。

手続きを不動産管理会社の担当者が行ってくれるので、変えるときの家主の負担は少なくなります。

コスパランキング
賃料相場を調べる