不動産投資初心者にオススメの本9選!電子書籍もご紹介します

不動産投資初心者にはどの本がおすすめ?

不動産投資に関する書籍が多く出版されていますが、いざ「読んでみよう!」と思ってもどれから読み始めたら良いのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。

不動産投資初心者にとって一番大切なのが、知識を身につけることです。

ここでは、不動産投資についての知識やノウハウが学べる書籍について紹介していきます。

 

1金持ち父さん貧乏父さん

【価格】1,728円

【著者】ロバート・キヨサキ

不動産投資初心者は、こちらをまず最初に読むことをオススメします。

具体的な投資のノウハウというより、哲学的な要素を含む内容ではありますが、投資においてこれらは最も大切な教えともいえるもの。

読むと人生観が変わるような内容もあり、ハッとするような体験が味わえるはずです。

・投資家にとって必要な心構え

・投資の学ぶべき知識や基本ルール

・金持ち父さんになって「経済的自由」を入手するための具体的な方法

・投資が危なくない理由

上記の内容を知りたい方は、ぜひ「金持ち父さん貧乏父さん」を手にとってみてください。

この本はベストセラーとなり、現在でも多くの投資家に非常に影響を与えています。

 

不動産投資1年目の教科書

【価格】1,650円

【著者】玉川 陽介

不動産投資初心者にとっては、こちらも外せない一冊だと言えるでしょう。

この書籍は、小難しいイメージの不動産投資について丁寧に噛み砕いた内容で説明してくれます。

また、Q&A方式で解説しているため、興味がある目次のみ読むこともできる、まさに「教科書」的な存在。

中立的な立場で書かれた内容なので、不動産投資について広い観点から把握することができ、投資するにあたって生じる様々な不安も解決してくれるかもしれません。

特に、以下の項目について知りたい方にオススメです。

・東京五輪やアベノミクスで変わる不動産市場

・物件を選ぶのであれば、地方か都心か、一棟か区分所有か

・収支プランの立て方

・地震が東京で発生するとどうなるのか

これから不動産投資をスタートする人や、スタートして間もない人にとって、役に立つ一文がきっと見つかるはず。

この一冊を読んで、不動産投資の基礎を固めていきましょう。

 

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

【価格】1,650円

【著者】重吉 勉

不動産投資で成功するためには、上手くローンを利用することが大切。

しかし、低金利であったとしても、借金を安易に膨らませるとリスクが高くなってしまいます。

金利が低い時代であるからこそ押さえたいローンの利用法や、より早く資産を安全に増やせる「レバレッジの黄金率」について、紹介している一冊。

今後資産を増やしていく上で知っておきたい、成功のためのヒントについて書かれています。

以下の項目が知りたい方は、特にオススメです。

・資産を安全かつ加速度をつけて増やす「レバレッジの黄金率」という方法

・不動産投資のレバレッジ力に対する理解

・借り入れに適した比率と理由

・定年までに賃料収入で月40万円を作る具体的な方法

・入居者のつく物件を選ぶポイント

 

2時間で丸わかり 不動産の税金の基本を学ぶ

【価格】1,650円

【著者】吉澤 大

税金について何も知らない状態から不動産投資をスタートするのは、手探りで闇の中を歩くようなもの。
そこでオススメしたいのが、こちらの「2時間で丸わかり 不動産の税金の基本を学ぶ」。

この一冊でを読めば、不動産の税金についての基礎から理解を深めることができます。

書籍の内容は、以下の通りです。

・不動産を取得・購入した時の税金

・不動産を賃貸・保有している時の税金

・不動産を譲渡した時の税金

・不動産を贈与・相続した時の税金

対話形式などでわかりやすく解説されているため、税金についての知識がなくても読み進めやすいはず。

税制の平成26年度の改正にも対応しており、住宅ローン控除の拡充消費税の増税などについても解説されています。

 

「金持ち大家さん」になる! アパ・マン満室経営術

【価格】1,650円

【著者】浦田 健

不動産投資は、投資用物件を購入して終わりではありません。

賃料収入を安定して獲得するためには、「満室経営」を継続することが大切なのです。

この本では、不動産投資に必要な「賃貸管理術」をわかりやすくマスターすることができます。

不動産実務検定2級の内容も網羅しているため、賃貸経営や不動産投資に関する幅広い実務知識についても習得が可能。

書籍の内容は、以下の通りとなっています。

・効果的な入居者募集戦略~不動産業者との連携

・入居者ニーズの多様化への対応

・賃貸契約の税金から実務の知識まで

・家賃の滞納などのリスクに対処する方法

 

不動産投資初心者にはオススメできない書籍って?

不動産投資初心者の場合、以下のような書籍は必ずしも読む必要はありません。

再現性がない特殊な環境下の不動産投資の本

バブルの時代であったり、滅多に入手できないお宝物件への投資など、特殊な環境で行なっている不動産投資成功談は、同じようにマネしても成功するとは限りません。

不動産投資初心者の場合は、基礎的な投資方法について書かれている書籍で知識を増やした方が良いでしょう。

不動産投資を行っていない人が書いた本

FP(ファイナンシャルプランナー)や不動産鑑定士•弁護士が著者でも、不動産投資を行なっていない人によって書かれた書籍は、あまり参考にはならないかもしれません。

不動産投資に役立つ知識は、経験した方の失敗談や実体験から得られることが多いと言えます。

まずは、自分と近い条件で不動産投資を行っている方の経験談について書かれた書籍を読むことをオススメします。

 

電子書籍で不動産投資を学ぼう

Amazonが提供しているサービスの「Kindle」を筆頭に、電子書籍のニーズが高まっている今日このごろ。

新刊の場合、Kindle化するまで時間がかかることもありますが、不動産投資に関連する書籍の中にはすでにKindleで配信されているものもあります。

ここからは、不動産投資に関する本を電子書籍で読むメリットについてお伝えしていきます。

読みたいときにスマホですぐに読める

電子書籍は、自宅にいながら読みたい書籍がすぐに購入できるだけでなく、スマートフォンやタブレットに保存していつでも自由に読めるというメリットがあります。

荷物を出来る限り少なくしたいサラリーマンが通勤する時は、電子書籍版の優れた携帯性は大きなメリットと言えるでしょう。

電子書籍版であれば片手で読める

紙の本であれば、片手で読めるサイズの限度は、文庫本ではないでしょうか。

文庫本サイズ以上の本の場合、両手で読む必要があるので、乗客が多い電車の中で読むのは少しためらってしまいますよね。

しかし、電子書籍はページをめくる手間がなく、次ページ・前ページへワンタップで移動できるので、電車の中でもストレスなく読むことができます。

また、メモ機能やしおり機能が搭載されているので、気になるところに印をつけておいて、帰宅してからゆっくりと読み返すこともできます。

読み上げ機能が利用できる

電子書籍は、車で通勤しているサラリーマンにとってはあまり馴染みがないと捉えてしまいがちですが、実はスマートフォンに搭載されている「音声読み上げ機能」を利用することによって、書籍の内容を音声として聴くことができるのです。

本の内容を耳から自然にインプットできるので、活字が得意でないという人にもおすすめ。

イヤホンさえあれば、通勤時以外に、休憩時間や昼食の時間にも学習ができます。

多くの人が読んでいる箇所のみ読める

AmazonがサービスするKindleで配信されている人気の書籍は、多くの人が「大切な情報である」と考えてマーキングした箇所がチェックできる「ポピュラー・ハイライト」という機能が利用できます。

ポピュラー・ハイライトを利用すれば、多くの人が着目した箇所を、重点的に読むことができるのです。

 

不動産投資に関連するおすすめの電子書籍

現在電子書籍化されているなかで、不動産投資初心者におすすめの書籍を3冊、紹介します。

 

不動産投資は出口戦略が9割

【価格】1,547円

【著者】寺岡 孝

不動産投資で着実な収益を上げるために、住宅コンサルタントが語るガイドラインです。

不動産投資がサラリーマンの間で注目を集める一方、頭金無しでローンを多額に利用し、多重債務で苦しんでいる投資家も多く存在するとのこと。

不動産投資会社が巧みなトークで近づいてきて、知らない間に不動産投資をスタートしていた…など、不動産投資をはじめる際の注意点について当事者意識を持って学べます。

不動産投資をするにあたって、安全な運用をするための出口戦略について記載されているため、不動産投資初心者は必読です。

 

不動産投資にだまされるな 「テクニック」から「本質」の時代へ

【価格】836円

【著者】山田寛英

不動産投資は、テクノロジーやサービスの進化によってハードルが下がりました。

しかし、税理士で公認会計士の著者は、「業者から言われるままに、安易に不動産投資に手を出すのは危うい」と警告しています。

不動産投資を始める上での注意点について詳しく書かれており、ぜひ一度読んでおきたい一冊です。

 

図解 プライベートカンパニーを活用して、不動産投資をしよう!

【価格】1,045円

【著者】成田 仁

現在は、個人が増税になって法人が減税になる時代となっていると言われており、それによって生まれる税率格差は、最大で30%超とのこと。

そのため、法人化のメリットや税金のことを把握しないと、不動産投資の本当のメリットを生かしきれません。

「法律」は、知っている人のみにメリットがあるといわれており、なかでも不動産投資では「税法」を把握することがポイントになります。

本書は、好評であった「プライベートカンパニーを活用して、不動産投資をしよう!」の本を図解したもので、税法について、よりわかりやすく説明がされている一冊です。

 

初心者におすすめの不動産投資に関する書籍まとめ

今回は、不動産投資初心者が読んでおきたい不動産投資に関する書籍を紹介してきました。

この世の中にはたくさんの本で溢れているからこそ、自分に必要な情報はどの本に書かれているのか、しっかりと知った上で選ぶことが大切です。

この記事をぜひ参考にして、興味のある書籍を一度読んでみてはいかがでしょうか。

30秒で無料診断
不動産シミュレーションはこちら