投稿日:

コラム

不動産のマイホームを買う場合は、年齢も非常に大切です。

もし、現金でマイホームを買う場合は年齢は関係ありませんが、住宅ローンを利用する場合は年齢を考慮する必要があります。

というのは、住宅ローンの返済が終わる年齢が大切になるためです。

住宅ローンの返済が終わる年齢は、65歳の仕事を辞める前までというのが最もおすすめです。

そのため、35年間の返済期間の住宅ローンを利用する場合は、30歳の時期になります。

35年間の返済期間のものを30歳で利用するのがおすすめ

あるいは、住宅ローンを40歳で利用した場合でも、65歳までに返済を終えることはできます。

そのためには、繰り上げ返済を利用したり、融資額を小さくしたり、融資期間を20年間などにしたりする方法があります。

しかし、最も一般的に住宅ローンを利用する方法としては、35年間の返済期間のものを30歳で利用するのがおすすめです。

また、長期間の住宅ローンを利用するのは、メリットが無いと思う人もいるのではないでしょうか。

しかし、長期間で住宅ローンを利用するのは、月々の返済額がその分少なくなるので、この間にお金が必要な場合でも十分に対応することができます。

一方、短期間の住宅ローンを利用した場合は、月々の返済額がその分多くなるので、例えば、子供の教育資金などが必要になると困ってしまうでしょう。

長期間で住宅ローンを利用する場合は、返済を銀行がその分待ってくれるため、融資を受ける人としてはメリットがあります。

長期間住宅ローンが利用できる場合は、返済を早くしないで、長期間借りておく方がメリットがあります。

また、金融機関の住宅ローンの返済が終わる年齢は多くの場合80歳になっているので、35年間の返済期間であれば45歳でも利用することができます。

しかし、住宅ローンを80歳まで年金生活をしながら返済するのは非常に困難でしょう。

老後に破綻するリスク

このような場合は、老後に破綻するリスクもあり得ます。

35年間の返済期間の住宅ローンを45歳で利用したい場合は、65歳までに返済を終えるために繰上返済を行うようにする必要があります。

しかし、月々の返済が厳しくなるので、住宅ローンを利用する場合はやはり早い時期がおすすめです。

結婚したので不動産のマイホームを買うか悩んでいるような人もいるでしょうが、住宅ローンを利用するのであれば結婚した時期がおすすめです。

両親がもし住宅ローンを利用することに反対していれば、早く住宅ローンは利用する方がメリットがあるということで説得ましょう。