投稿日:

コラム

一軒家を売却する場合は、不動産業者の選択方法が大切です。

ここでは、一軒家を売却する際の不動産業者の選択方法についてご紹介しましょう。

不動産業者の得意な分野を判断する

多くの不動産業者がありますが、得意な物件が一軒家メイン、マンションメインなどというように違っています。

そのため、売却したい物件が得意な不動産業者に頼む方が、高く、早く売却してくれるようになります。

いくつかの不動産業者と話してみれば、違いがいろいろ分かってくるでしょう。

比べることによって、その不動産業者が得意としている分野を判断しましょう。

いくつかの不動産業者に査定を頼む

可能であれば、査定をいくつかの不動産業者に頼むのがいいでしょう。

いくつかの不動産業者に査定を頼む場合は、不動産の一括査定サイトを利用するのがおすすめです。

簡単な項目を入力するのみで、高く一軒家が売却できるようないくつかの不動産業者をリストアップして、査定を一括で頼むことができます。

当然ですが、査定は無料で、有名な企業のグループ企業が運営しているものもあり、実績が長年あるため安心です。

査定を頼んで傾向が企業ごとに把握できれば、媒介契約を結ぶ不動産業者をこの中から絞ります。

しかし、あまり不動産業者が多過ぎれば迷うため、3社~6社程度がスムーズに割合査定が進むでしょう。

なお、媒介契約というのは、仲介を頼む不動産業者と結ぶものです。

いくつかの不動産業者と契約を結ぶこともできます。

なお、媒介契約については、ネットなどについて詳しく紹介されているため確認してみましょう。

不動産業者を選択する

売却をスムーズに進める際は、地元密着の不動産業者に頼むか、あるいは大手の不動産業者に頼むか、悩むでしょう。

地元密着の不動産業者は、地元がよく分かっており、大手の不動産業者では手に入れられない地元情報で売却がスムーズに進むかもしれません。

一方、大手の不動産業者は、豊富に取引実績があるため、安心感がやはりあります。

しかし、信頼して不動産業者に任せられるかが最も大切です。

信頼できる不動産業者の選択方法としては、次のようなものがあります。

・親身になって売却する人のことを聞いてくれるか?

・相場に比較して、売却の査定額は低過ぎないか?

・売却したい金額を考えてアドバイスを適切に行ってくれるか?

・売却したい物件のエリアにおいて、豊富に売却した実績があるか?