投稿日:

コラム

一軒家に住みたい場合は、賃貸するか購入するか迷っている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、一軒家の賃貸のメリットと一軒家の賃貸をおすすめしたい人についてご紹介しましょう。

一軒家の賃貸のメリット

一軒家の賃貸は、次のようなメリットがあります。

・イニシャルコストが安くなる

一軒家を購入する場合は、頭金など、イニシャルコストとしてまとまったものを準備する必要があります。

一方、一軒家を賃貸する場合は、イニシャルコストとして礼金や敷金、仲介手数料などがかかりますが、購入する場合よりもイニシャルコストが非常に安くなります。

・課税されない

一軒家を購入する場合は、不動産取得税が購入する際に課税され、不動産を持っていると都市計画税や固定資産税などが年に1回課税されます。

一方、一軒家を賃貸する場合は、このような税金が全く課税されません。

・転勤しても問題ない

一軒家を購入する場合は、転勤になると住み替えが簡単にできないので、単身赴任する必要があります。

一方、一軒家を賃貸する場合は、それほど引越しそのものは困難ではないでしょう。

先々転勤する恐れがある場合は、一軒家を賃貸する方がおすすめでしょう。

・自然災害に遭った際の被害が少ない

都会の場合でも、ゲリラ豪雨や地震などの自然災害がいろいろあります。

一軒家を購入する場合は、自然災害に遭った際に一軒家が被害を受けて住宅ローンのみが残るリスクがあります。

しかし、一軒家を賃貸する場合は、家財は被害があるかもしれませんが、引越しすると割合早く生活することができます。

このようなことから、一軒家を賃貸する方がメリットがあると言えるでしょう。

●一軒家の賃貸をおすすめしたい人

一般的な賃貸マンションの場合は、1つの建物の中にいくつもの世帯が住んでいます。

そのため、賃貸マンションの敷地の中で会う場合もあり、壁の向こうには別の人が住んでいるため、ある程度生活音なども聞こえてきます。

一方、一軒家を賃貸する場合は、完全に家が独立しているので、賃貸マンションほど他の人に気配りしなくても生活することができます。

一軒家の賃貸をおすすめしたいのは、次のような人です。

・多く転勤がある人

・他の人に生活音などで気配りするような人

・規則に拘束されたくない人

・一軒家に暮らしたいが、購入するための資金が準備できない人

このような人は、一軒家を賃貸するのがおすすめです。