投稿日:

コラム

一戸建てを売却する際は、誰でもできる限り高く売却したいでしょう。

ここでは、一戸建てを高く売却するための方法についてご紹介しましょう。

不動産業者選びが大切である

一戸建てを高く売却するためには、不動産業者選びが大切です。

現在、日本国内においては、不動産業者が非常に多くあります。

また、同じ一戸建てに対して、どこの不動産業者でも同じ値段になるということでは決してありません。

というのは、見積もりを依頼する時期によって、不動産業者によっては見積り額が数百万円もの単位で違ってくるためです。

不動産業者によって見積り額が違ってくるのは、不動産業者によって得意な地域や物件があるためです。

例えば、「一戸建ては今まで売却した多くの実績があり、自社で買主を探せる自信がある」というような不動産業者の場合は、その一戸建てについて高めの見積り額になるでしょう。

というのは、高い見積り額でも売却できるためです。

また、不動産業者は見積り額のみで決めないようにしましょう。

不動産業者の担当営業マンは、契約した後はその一戸建てを売却するために活動を始めていきます。

この際に、担当営業マンが「どのように売却するために活動するか」を前もって確認して、この内容もチェックして不動産業者を選ぶようにしましょう。

一括査定サイトで不動産業者は選ぶのがおすすめ

では、不動産業者はどのようにして選ぶといいのでしょうか?

不動産業者を選ぶ場合は、不動産の一括査定サイトを使うのがおすすめです。

不動産の一括査定サイトというのは、一戸建ての売却査定を一括でいくつかの不動産業者に依頼できるものです。

例えば、適正な市場の相場よりも見積り額が安くなるような不動産業者に依頼してしまった、依頼した不動産業者の担当営業マンがそれほど感じが良くなかった、などということもあるでしょう。

このようなことを防止するためには、一括でいくつかの不動産業者に売却査定を依頼する不動産の一括査定サイトを使うのがおすすめです。

不動産の一括査定サイトを使った後に、いくつかの不動産業者から連絡があります。

連絡があった不動産業者の中から、担当営業マンの応対と見積り額などを考慮しながら選ぶのがおすすめです。

なお、多くの会社が、不動産の一括査定サイトを運営しています。

そのため、いくつかの不動産の一括査定サイトの中から、自分に適していると思われるようなところを使いましょう。