投稿日:

コラム

一戸建てを賃貸するか購入するか悩んでいる人も多くいるのではないでしょうか。

ここでは、一戸建てを賃貸する際のメリットについてご紹介しましょう。

イニシャルコストが安い

一戸建てを賃貸する際のイニシャルコストは、購入する際よりも非常に安くなります。

一戸建てを賃貸する場合は、賃貸マンションを借りる場合と同じようなものであるため、費用として掛かるものは礼金、敷金、1ヶ月分の家賃、管理費くらいです。

イニシャルコストは、安い一戸建ての場合は20万円くらい、高い一戸建ての場合でも50万円~100万円くらいになります。

一方、一戸建てを購入する際は、住宅ローンを利用しても資金がある程度は必要になり、イニシャルコストとしては300万円くらいは最低でも必要になります。

このように、イニシャルコストの違いは非常に大きく、一戸建てを賃貸するとメリットが大きくなります。

固定資産税が課税されない

一戸建てを購入する際は、固定資産税が課税されます。

一戸建ての価格によっても違いますが、土地込みで4000万円くらいの一戸建ての場合は1年間に10万円くらい課税されます。

固定資産税が1年間に10万円であれば、30年間住めば相当大きな金額になります。

しかし、一戸建ての賃貸の場合は、この固定資産税が全く課税されません。

このことも、一戸建てを賃貸するメリットです。

メンテナンス費などが必要ない

一戸建てを購入する際は、長年住んでいれば屋根や外壁、部屋の中の壁やフローリングなども劣化するため、普段からメンテナンスすることが必要です。

外装塗装の場合は、百万円余り掛かる場合もあり、結構大きな出費になります。

一方、一戸建てを賃貸する際は、転居する際に非常に劣化している場合はリフォーム費を一部要求される場合もありますが、それほど大きな金額ではありません。

ほとんどの場合は、内装のクリーニング、掃除で数万円くらいです。

このようにメンテナンス費が安いことも、一戸建てを賃貸するメリットです。

災害による被害がない

地震や台風などの自然災害によって被害を自宅が受けると、購入した一戸建ての場合は自分のお金で直す必要があります。

一戸建てが全壊した場合などは、また一戸建てを建てると出費が大きくなります。

なお、災害保険などに入っていると、保険を使うことができます。

一方、一戸建てを賃貸する場合は、自然災害で被害を一戸建てが受けても、オーナーが修復するようになります。 一戸建てを賃貸している人は、基本的に費用を支払う必要がなく、別のところに引越しする費用が発生するくらいです。