投稿日:

コラム

一戸建ての中古を初めて購入する際は、どのような流れになるかよく分からないでしょう。

ここでは、一戸建ての中古を購入する際の流れについてご紹介しましょう。

・一戸建ての中古の物件を見学する

この場合は、いくつかの不動産業者の物件を比べて検討することが大切です。

・購入するために申し込みする

申し込みする際は、申込書を書いて出します。

この際には、10万円くらいの申込証拠金(申込金)を払います。

「別の買主がいるため早く申し込みして欲しい」などと不動産業者や売主から言われる場合が多くありますが、十分に検討しましょう。

なお、申し込みする前には、第三者のプロによって住宅診断を受けるのがおすすめです。

また、売買契約書類の確認を第三者に頼みましょう。

・住宅ローンを利用する場合は仮審査の申し込みをする

なお、仮審査が無い場合もあり、仮審査はいくつかの金融機関で行う場合もあります。

・売買契約を結ぶ

重要事項説明が契約する前に実施されます。

この際には、瑕疵担保責任があるかどうかなど、大切なポイントを十分にチェックしておきましょう。

手付金(ほとんどは取引価格の5%~10%)を払います。

手付金は、契約した後にキャンセルすれば戻ってこないため注意しましょう。

申し込みした後、契約をすぐに結ぶように不動産業者から言われるかもしれませんが、十分に検討しましょう。

・住宅ローンの本申し込みをする

契約した後、すぐに住宅ローンの本申し込みをします。

住宅ローンの本申し込みは、いくつかの金融機関に行う場合もあります。

トータルの返済額が、金融機関によって非常に違うため十分に比べて検討しましょう。

・住宅ローンの本審査に受かる

住宅ローンの本申し込みをすると本審査があり、受かると利用することができます。

・残った代金を払った後に引き渡しになる

住宅ローンで融資されたお金をすぐに売主に払うと、引き渡しになります。

この手続きは、金融機関が行う場合が多くあります。

同じ日に所有権の移転登記を申請します。

なお、申し込みする前に第三者のプロの住宅診断を受けていない場合は、この時期に受けるようにしましょう。

・リフォームする

リフォームを引越しする前に行う場合は、業者に頼みます。

リフォームする際は、相見積もりを必ず入手して比べて検討しましょう。

・引越しして入居する

なお、買主あるいは売主が買い替えする際などは、このような流れと違う場合もあるため注意しましょう。