投稿日:

コラム

一戸建てが欲しいが新築の場合は非常にお金が掛かるので、中古にしようと思っている人も多くいるのではないでしょうか。

ここでは、一戸建ての中古のメリットとデメリットについてご紹介しましょう。

一戸建ての中古のメリットとデメリット

まず、一戸建ての中古のメリットは、次のようなものがあります。

・2割~5割くらい新築よりも安い

木造住宅の場合は、価値が築20年でほとんどなくなると従来は言われていました。

そのため、一戸建ての場合でも、土地代のみで買える場合もありました。

・現物を確認しながら風通しや日当りがチェックできる

新築の場合は、一戸建てが完成しないと、風通しや日当たりなどはチェックできません。

しかし、中古の場合は、現物を確認しながら風通しや日当りがチェックできます。

・すでにエアコンなどが設置されている場合がある

中古の場合は、すでに照明やエアコンなどが設置されている場合もあります。

・リノベーションすると、同等の住宅性能が新築よりも安く入手できる

壁紙や台所などの設備の換える以外に、基本性能がアップする断熱材のプラスというようなリノベーションをすると、一戸建ての新築の住宅性能と同等のものが入手できます。

・中古としての趣がある

年月が経った柱などは、中古としての趣があります。

・品質をチェックしてから買えることもある

以前に修理した箇所を現物や書類でチェックできると、品質がどの程度であるかが分かります。

一方、一戸建ての中古のデメリットは、次のようなものがあります。

・以前の法律で建築した一戸建ては、建て替えると狭くなることがある

住宅に関する建築基準法などの法律は、改正が数年ごとに行われます。

そのため、建築した時には適法の一戸建ての場合でも、現在では建て替える際に狭くなることがあります。

・新築より維持費が高い

不具合は古い一戸建てほどよく出るため、維持費がかかるようになります。

・保証期間が無かったり短かったりする

ほとんどの中古の一戸建ては、個人同士の取引になります。

この場合は、買った後の瑕疵担保期間が3ヶ月くらい、あるいは瑕疵担保自体がありません。

一戸建ての中古も新築もメリットとデメリットがある

一戸建ての中古も新築も、個人によって選択の基準が異なるところもあるため、優れているのはいずれかとは言えないでしょう。

しかし、一戸建ての中古であるため良くないということではありません。

築数十年の一戸建てでも、しっかりしたものは多くあります。

ぜひ、一戸建ての中古も検討してみましょう。