投稿日:

コラム

相場よりも持っているマンションを高く売却することができると、もっといいマンションや戸建てに買い替えすることができます。

また、投資する物件を買ったり、旅行や子供の教育費などにお金を使ったりすることができます。

しかし、マンションを高く売却することができないと、一緒に住んでいる家族もがっかりするでしょうし、将来の暮らしも心配になるでしょう。

一方、マンションの相場が分からなくて、思っていた価格で売却できたため安心していると、実際には売却した価格よりも価値がもっとあったというようになると、非常に損するでしょう。

不動産業者の売出価格、周りの土地価格を参考

一般的に、マンションの売却価格は、買った時の金額、不動産業者の売出価格、周りの土地価格を参考にして算出します。

しかし、それぞれのマンションは、間取りや築年数、広さなどの条件がいろいろ違っているため、どの程度相場が正しいかもはっきりしないでしょう。

そのため、知り合いの不動産業者や地元の不動産業者に価格を確認するでしょうが、この情報のみを実際に信用するのはリスクがあるでしょう。

当然ですが、マンションを思っていた以上に高い価格で売却できるといいでしょうが、実際には思っているより相当金額が低くなる場合が多くあるようです。

一方、最も重要視されるのは、マンションを売却する売主よりも買う買主の言うことになります。

そのため、マンションの売却を頼んだ不動産業者が、営業活動を一生懸命してくれると心配ありませんが、実際には、それほど期待できないでしょう。

というのは、不動産業者としては、マンションを安い価格でも売却しなければ仲介手数料が入らないため、買主の言うことを尊重して、高くマンションを売却することよりも、早く安くても売却するように交渉するためです。

そのため、このようなことを防止するためには、1つの不動産業者に査定を頼むのでなく、いくつかの不動産業者に査定を頼むのがおすすめです。

不動産業者からも同じような査定額を提示される ?

しかし、個別に査定を頼んだ場合は、どこの不動産業者からも同じような査定額を提示されるようになります。

そのため、いくつかの不動産業者を競合させて、査定額が最も高くなるようにすることが大切です。

このような場合は、マンション売却一括査定という口コミにおいても評判になっているものを利用するのがおすすめです。

当然ですが、マンション売却一括査定は無料で利用することができ、持っているマンションの相場を掴むことができます。