投稿日:

コラム

マイホームの一戸建てを売却するか、賃貸するか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

ここでは、マイホームの一戸建てを賃貸する際の魅力についてご紹介しましょう。

マイホームの一戸建てを賃貸したいと思っている場合は、一戸建てを賃貸するとどのような魅力があるかぜひ把握しておきましょう。

マイホームの一戸建てを賃貸する際は、主として次のような魅力があります。

家賃収入が安定して獲得できる

最大の魅力としては、マイホームの一戸建てを賃貸することによって、家賃収入が安定して獲得できることです。

住宅ローンの返済が終了している場合は、家賃収入がほとんど利益になります。

マイホームの一戸建てを賃貸する場合は、住宅ローンの返済が終了しているのがおすすめです。

ライバルが多くないメリット

マイホームの一戸建てを賃貸する際は、ライバルが多くないので、借主を割合容易に探すことができます。

なお、ライバルが多くないというのは、賃貸アパートや賃貸マンションに比べて一戸建ての賃貸物件が少ないためです。

借主に売ることができる場合がある

マイホームの一戸建てを賃貸している場合は、「この一戸建てを買いたい」と言うような借主がそのうちに現れます。

そのため、マイホームの一戸建てを賃貸する際は、借主に売ることができる場合があります。

これは、マイホームの一戸建てを将来的に売りたいと思っている場合は非常に嬉しい話であり、賃貸アパートや賃貸マンションの場合はこのような話はないでしょう。

家賃収入をしばらくの間獲得した後に売るようになるので、収入金額はトータルとして大きくなります。

賃貸した後に売ることができるのは、一戸建てならではの魅力です。

将来的には売りたいが、現在は賃貸したいと思っている場合は、マイホームの一戸建ての賃貸は非常におすすめです。

マイホームの一戸建ての場合は、家の価値が古くなれば無くなり、なかなか他の人に売れませんが、借主であれば買ってくれることもあるので、高く売れます。

さらに、売るところが決定しているので、不動産業者も必要ありません。

そのため、仲介手数料も余計に払う必要もありません。

買いたい人がそのうちに現れるため、じっくりと焦らないで賃貸しておくのがおすすめです。

買いたいと借主が言った場合は、ぜひ売ることを考えましょう。

なお、不動産業者を仲介しないで売る方法は、ネットなどで紹介されているため参考にしましょう。