投稿日:

コラム

アパートを売買する際には、注意することがいくつかあります。

ここでは、アパートを売却する際に注意することについてご紹介しましょう

アパートを売買する不動産業者を探す際に注意すること

アパートを売買する不動産業者を探す際は、必ずいくつかのところから見積もりを入手しましょう。

というのは、アパートを売却する際は、見積り額が不動産業者によって大きな違いが生じる場合があるためです。

例えば、一つの不動産業者はの見積り額は1000万円であるにも関わらず、もう一つの不動産業者の見積り額は1500万円などというようなこともあり得ます。

このように見積り額に違いがあれば、アパートを売却する人としては、非常に迷ってしまうでしょう。

しかし、あまりにも見積り額が高いような不動産業者の場合は、注意する必要があります。

というのは、高い見積り額を提示して、契約した後から、理由をいろいろ付けて金額をダウンしてくるケースがあるためです。
つまり、高い見積り額で契約したにも関わらず、全く売買できないということで、どんどんと金額をダウンするというパターンです。
このようなことにならないように、アパートを売却する際は、必ずいくつかの不動産業者から見積もりを入手しましょう。

また、中間業者の紹介サイトのようなところにアパートの売買の仲介をしてもらうと、業者の手数料もプラスされることがあります。

そのため、このような紹介サイトを利用する際は、どのように査定額がなるか十分に確認してみましょう。

もし、査定する方法がはっきりしないような場合は、その紹介サイトは利用しない方がいいでしょう。

また、過去にアパートを売買した不動産業者に売買を頼む必要も全くありません。

過去にアパートを売却してもらったということでも、義理立てを特にする必要はないでしょう。

では、どのような基準でアパートを売買する不動産業者を探すといいのでしょうか?

このような場合は、アパートの売買が得意なところを探すのも方法の一つです。

実際にアパートを売買する際に注意すること

実際にアパートを売買する際は、見積もりを入手した不動産業者に一緒に話をしましょう。

そして、ほとんどの場合は、見積りが最も高い不動産業者で売買すると問題ないでしょう。

また、売買する際に不動産業者に仲介を頼まないで、買主を自分で探す方法もあります。

あるいは、不動産業者自体にアパートを買取してもらうのもおすすめです。

高値で売買できたり、賃貸の需要があったりすると判断すると、不動産業者が買取してくれる場合もあります。