「みんなで大家さん」は危ない?評判やメリット&デメリットを徹底解説

クラウドファンディングで気軽に不動産投資

ここ最近、気軽に不動産投資が行えるプラットフォームとして、クラウドファンディングが注目されています。

どうしても不動産投資には初期費用が必要なため、これまで投資の障壁が高く、誰でも気軽に参加できるものではありませんでした。

しかしながら、近年は不動産特定共同事業という形で、1口1万円から不動産に投資できるサービスが登場してきました。

いわゆるクラウドファンディング事業として、ローンを組まずに不動産投資ができることから、若年層を中心に人気を集めています。

そんな中、不動産投資型クラウドファンディングの中で中高年に人気のサービスが「みんなで大家さん」です。

1口100万円〜と、不動産クラウドファンディングサービスの中では最低投資額が高めですが、メディアなどにも数多く取り上げられる注目のサービス。最近では、テレビCMも放送されていますね。

今回は、話題の「みんなで大家さん」を利用するメリットやデメリットについて徹底解説していきます。

 

「みんなで大家さん」の運営元と実績は?

「みんなで大家さん」は、都市綜研インベストファンド株式会社を運営元とするクラウドファンディングサイト。

不動産事業で実績のある共生バンクグループに属する会社が母体となっています。

共生バンクグループは、ホテル事業や高齢者向けの生活支援付きマンションの運営などを行っています。

そして、市綜研インベストファンド株式会社が「みんなで大家さん」で扱うファンドを運営する運用会社であり、「みんなで大家さん」を運営して資金集めなどを行うのがみんなで大家さん販売株式会社です。

みんなで大家さん販売会部指揮会社は資本金が1億円で、創業が1998年の中規模業者となっています。

いずれも宅地建物取引業や不動産特定共同事業の許認可を得て営業している会社です。

 

「みんなで大家さん」のセミナー&説明会

「みんなで大家さん」は、比較的中高年をターゲットとしてクラウドファンディングサービスで、コールセンターなどが存在しており、セミナーや商品説明会なども積極的に行っています。

商品説明会は、東京だけでなく大阪などでも行われており、完全予約制となっているので、気になったことを直接的に聞けるのも嬉しいところです。

また、料金は完全無料で、希望の時間に予約をとって話を聞けます。最近ではWEBセミナーも盛んで、約1時間程度で運営元の企業のことや商品について知ることができるそう。

読売新聞や産経新聞といった大手新聞社から、ダイヤモンドザイなどの経済誌にも取り上げられています。

セミナーや個別説明会などでは専属のスタッフさんがこれまで資産運用をしてきている人のケーススタディなどを紹介してくれるので、具体的に投資をしているイメージがわきやすいです。

 

手厚いサービスが魅力の「みんなで大家さん」

商品情報のカタログやDVDなどがもらえるなど、運営元が提供する資料が豊富なのも「みんなで大家さん」の特徴です。

「みんなの大家さん」の運営元は、運用会社として20年以上の実績があります。申し込み手数料が無料ということもあり、投資のハードルが低いのも魅力です。

通常、初期費用として多額の投資金額を必要とする不動産投資ですが、”多くの人から少額で投資資金を集めて、みんなで大家さんとして不動産運用をする”ところから、サービスの名称がつけられています。

取り扱う商品も多岐にわたっており、ホテルや物流施設、歴史的な施設なども含まれます。個人投資家ではなかなか投資できないような大型物件に投資できる醍醐味もあります。

 

「みんなで大家さん」の始め方

「みんなで大家さん」を始めたい場合、まずは資料請求を行うところから始まります。

近年はネット上だけで申し込みが完了するケースが多いのですが、「みんなで大家さん」は書面での申し込みとなるので、ネットに不慣れな方でも安心して申し込みをすることができます。

資料請求自体は無料でできますし、過去11年分の実績表がついてくるので、投資を検討する段階の人にもおすすめです。

資料請求は「みんなで大家さん」のホームページのサイトからクリック一つで必要な情報を入力するだけで可能です。

リマインドメールが届けば、3〜4日営業日で資料が登録した住所に届きます。

資料には申込書が同封されているので、必要事項を記入し、身分証のコピーを用意して返送します。申込書を返送すると、契約書・契約書類・説明書等が送られてきます。

いわゆる重要事項の説明などの記載があるので、契約書類を確認した上で記入と捺印を行い、申込書同様に返送すると契約に移るといった形です。

その後、指示された通りに申し込んだ口数分の入金を行えば、申し込み完了となります。

あとは、運用が開始されるので投資家としてやることといえば、2ヶ月ごとに入ってくる分配金を確認することです。

償還までは長期的に分配金が入りますが、分配金は雑所得にあたるため、基本的に確定申告を行う必要があります。

必要な書類自体は運営元から届くので、あとは自分で申告しましょう。

 

「みんなで大家さん」のメリット

「みんなで大家さん」は、人気の不動産投資系クラウドファンディングですが、評判が良いのには理由があります。

ここからは、みんなで大家さんが人気の理由と利用するメリットについてお伝えしていきます。

 

想定利回りが高くてリターンが期待できる

数ある不動産型クラウドファンディングの中でも、「みんなで大家さん」の期待利回りはとても高いです。

想定年利が7%と高いリターンを期待できますが、その分運用期間は3年〜5年と長め。

しかし、長期的な視座で投資に取り組めるので、一喜一憂せずに済みます。

年6回分配金があるので、長期的に投資しながら利益を継続的に得られるのもメリットでしょう。

投資で得た利益の再投資も可能で、そのまま換金することもできます。自分で好きなように投資利益を動かせます。

 

不動産投資に関わる手間がかからない

「みんなで大家さん」のメリットは、なんといっても不動産投資をするにもかかわらず、不動産投資に関わる手間が一切かからないことです。

もし、個人で現物不動産をもとうとすると、設備などの管理が必要となってきます。

入居者を探したりする手間もかかりますが、「みんなで大家さん」ならば管理は一切不要です。

また、不動産投資では初期費用として自己負担で足りないときにローンを組んだりする必要があります。

銀行からの融資を受けなければならず、そうこうしているうちに物件が売れてしまうといった事態も起こりがち。

しかし、「みんなで大家さん」を活用すれば1口100万円からでそれ以外の費用を支払う必要がありません。

ローン審査などがないので、個人の属性が悪くても不動産投資が気軽にできるメリットがあります。

また、解約はいつでも可能なので現金化しやすいといった特徴があります。役所への届け出などが不要なので、売却がいつまでもできずに損失を被るといったこともありません。

 

豊富な情報をもとに投資ができる

「みんなで大家さん」の良いところは、なんといっても情報は豊富にある中で投資ができるという点です。

投資対象となる不動産の情報などは住所を含めて公開されているので透明性が高いといえます。

運用元である「みんなで大家さん」で運用している過去のファンドの実績も投資家は確認することができます。最近はサイトや公式noteなどで不動産投資についての情報を提供しています。

会員特典などもあり、不動産投資の情報にもアクセスしやすいです。

 

会員制度でよりお得に投資ができる

他のクラウドファンディングサービスにない特徴として、「みんなで大家さん」には会員制度が存在し、ランクに応じて会員限定のサービスが受けられます。

ブロンズ会員(5口以上、2回以上の出資)になると、新商品の優先案内や追加ボーナスを受け取ることが可能です。

プラチナ会員(50口以上)になるとプレミアム特典などが受けられ、レジャー施設やレストランでの優待を受けることができます。紹介制度もあり、ギフトカードなどのプレゼントもあるのも魅力です。

 

優先劣後債の仕組みが整っている

クラウドファンディングやソーシャルレンディングのサービスでは、出資者の元本保証がないことがデメリットに挙げられることが多いです。

しかしながら、「みんなで大家さん」は元本の安全性をできるだけ確保するために、優先劣後出資の仕組みを採用しています。

優先劣後出資とは、個人投資家を優先出資者とし、「みんなで大家さん」の運営元が劣後出資と位置付ける仕組みのこと。

不動産の変動に対して、20%まで価値が下落したとしても劣後出資として20%分は運営元がもつので、投資家の元本に影響を与えることがありません。

それゆえ、最大20%分ではありますが、個人投資家が投資した元本が毀損することはないのが魅力です。

また、「みんなで大家さん」は創業以来、元本割れを経験していません。

これは大きな実績であり、安心して投資ができる環境が整っているといえるでしょう。

 

比較的簡単に解約等ができる

クラウドファンディング系のサービスは、一度投資すると基本的にファンドが満期償還(もしくは早期償還)されるまで出資金を引き上げることができません。

それゆえ、資金拘束などが起こり、投資したいタイミングを逃すことなどが懸念されます。

しかし、「みんなで大家さん」であれば、まずすべてのファンド商品がクーリングオフの対象となるので、申し込みから8日以内であれば全額返金を受け取ることが可能です。

8日間を過ぎた場合は、権利の譲渡という形でのファンドの解約・返金が受けられることになっています。

ただし、返金には60営業日かかる(土日祝日を除く)ので、およそ3ヶ月かかります。

出資後に資金を手元に戻す時間がかなりかかるので、出資には慎重になる必要があるといえます。

権利の譲渡を行う場合、運営元である「みんなの大家さん」に権利を譲渡する場合は手数料3%がかかります。

自分以外の第三者に権利を譲渡する場合は手数料1%がかかるので要注意。

しかし、解約や返金手数料などが法外にかかることはありません。

 

「みんなで大家さん」のデメリット

高い利回りで安定した利益を得ている人も多い「みんなで大家さん」ですが、もちろんデメリットもあります。

投資である以上、メリット・デメリット両方あるので、それらを考慮して投資対象を選ぶなどしましょう。

 

かつて行政処分を受けている

実は、「みんなで大家さん」はかつて2012年に過去の債務超過によって行政処分を受けています。

2ヶ月の営業停止によって出資金が戻ってこないのでは?という憶測が飛んだ時期もありました。

また高いリターンがウリですが、元金返還の遅延もあるので実際に想定した利益を得られないこともあります。

現在、未償還のファンドなどはありませんが、実際に返金や分配金の遅延があったことは確かです。

不動産などの投資界隈では、行政処分などを受けた企業やサービスは倒産リスクも高いので、いつサービスが停止するか分からない一面もあります。

現在は、処分内容に対して改善されていますが、また同じことが起こらないとは断定できません。

 

出資金額に限度があるなど投資に制限がかかる

1口100万円からの投資ということもあり、他のクラウドファンディングサービスに比べて出資額のハードルがやや高いのが「みんなの大家さん」のデメリットです。

その上、出資については1口〜の案件もあれば、5口〜のものもあり、案件次第では投資できないこともあります。

また、募集総口数には限度があるため、自分が欲しいと思った口数を購入できないこともあります。(募集は基本的に先着順)

自分の思う通りに投資できるとは言い切れないので、ある程度投資に制限があることを理解しておく必要があります。

 

「みんなで大家さん」の評判とメリットデメリットまとめ

「みんなで大家さん」は、銀行からの融資などを必要とせず、1口100万円から大型商業施設などに投資できる不動産型クラウドファンディングです。

60代・70代のシニア世代を筆頭に、幅広い世代から支持されています。

大手メディアにも取り上げられ、現状元本割れしたファンドがないのが「みんなで大家さん」の特徴です。

また、キャンペーンなども実施しており、ギフトカードのプレゼントなどが行われています。

ネットだけでなく、リアルでも専門のスタッフが相談に応じてくれるのが大きな特徴のサービスとなっています。

「みんなで大家さん」では数多くの不動産系ファンドを扱っており、それぞれ個別案件となっています。

それゆえ、ある程度案件ごとに検討する必要があります。

投資である以上元本保証でもないため、投資家としての判断が必要となりますが、長期的に不動産投資できる方法の一つとして注目を集めています。

30秒で無料診断
不動産シミュレーションはこちら